和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究について

前のページへ戻る 印刷用PDF

平成22年度 富山大学和漢医薬学総合研究所
共同研究公募について

 和漢医薬学総合研究所は関連する他の研究機関に所属する研究者との共同研究を通して、和漢医薬学研究の中核的共同研究拠点の形成を推進することを目指しています。
  本研究所は、共同研究拠点化にあたり、拠点形成の目的を、「漢方医学などのような経験に基づく学術を背景に持つ和漢医薬学について、現代の先端科学の研究手法を応用して、基礎と臨床の科学的エビデンスを集積することにより和漢薬の基礎及び臨床科学基盤を形成し、経験と科学を融合させた新たな医薬学体系を構築する。」としています。

 本拠点では、
 ①天然薬物資源の確保と保全及び和漢薬の標準化
 ②和漢医薬学の基礎研究の推進及び西洋医薬学との融合
 ③和漢医薬学研究の中核的情報発信拠点の形成

の3項目を重点に推進する課題としています。これを推進することにより、我が国で深刻化している疾患やこれまで治療薬が開発できなかった難治性疾患等に対する画期的新薬の創出や、西洋医薬学との融合により「国民の健康と安全を守る」ため日本人の体質や生活習慣に最適化した我が国独特の医療体系の構築に寄与することを目指しています。

 この目的において取り組まれるべき重点課題を以下のように設定し、かつこれに関する共同研究を公募いたします。この共同研究とは、本研究所の設備や、データベースなどを利用し、本研究所外の研究者と本研究所の教員が共同で行う研究を言います。この共同研究では、本研究所作製の生薬エキスや、生薬成分等を利用することも可能です。

(1) 天然薬物資源の確保と保全及び和漢薬の標準化
  • 和漢薬の標準化のための基原・成分・活性融合研究
  • 和漢薬資源の多様性の解析と栽培化に関する研究
  • 和漢薬の生理活性成分に関する研究
  • 和漢薬成分を活用したケミカルバイオロジーの展開

(2) 和漢医薬学の基礎研究の推進及び西洋医薬学との融合

  • 病態モデルを用いた病態制御機構の解明と和漢薬の有効性の薬理学的検証
  • 和漢薬を基盤としたイノベイティブな治療薬の創出
  • 和漢薬の臨床応用研究
  • プロテオーム解析技術など先端技術を応用した和漢医薬学における診断・治療体系の客観化
  • 和漢薬と西洋薬との薬物間相互作用に関する研究

前のページへ戻る