和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

共同研究公募要項

前のページへ戻る 印刷用PDF

平成22年度 共同研究公募要項

見出し 共同研究公募についてのQ&A

1.募集事項

(1)募集課題の種目と概要

種目 概要
(A)重点研究
(2〜3件程度で複数年可)
拠点が指定する下記の重点方剤に的を絞った研究課題を公募いたします。評価,再審査の結果により,最長2年の研究期間も可とし,次の研究形態のいずれかを取るものとします。実施にあたっては本研究所が所有する方剤エキス,生薬エキスを利用可能となります。
形態1
本研究所所属の研究者を分担者とし,共同で重点方剤に関する研究を推進する(1件につき上限100万)。
形態2
3研究機関3名(申請代表者,研究所所属の研究者及び申請代表者の所属する研究機関と異なる研究機関に所属する研究者)以上の研究者がチームを組んで重点方剤に関する研究を推進する(1件につき上限300万)。
(B)一般研究T
(5件程度で単年)
本研究所の各部門,分野,および附属民族薬物研究センターが取り組んでいる研究に関連する課題(別表)で,研究所所属の研究者と共同で研究を推進するものを公募します(1件につき上限100万)。
別紙1(和漢研研究課題)
(C)一般研究U
(国際的共同研究・人材育成枠。2件程度で単年)
国内研究機関若しくは本研究所が学術交流協定を締結している国外研究機関に所属する研究者と本研究所研究者との共同研究で,所属研究機関から若手研究者(申請時において概ね35歳以下の研究者)を本研究所に短期間派遣(概ね1−3ヶ月)して伝統医薬(生薬,漢方薬を含む)に関する研究を推進するものとします。実施にあたっては,若手研究者の渡航費,滞在費(旅費・宿泊費)の一部を支援します(1件につき上限50万)。研究報告書の作成・提出をお願いいたしますが,成果発表会での報告は求めません。
(D)一般研究V
(5件程度で単年)
研究所が所有する生薬由来化合物80種,生薬エキス120種の各セットを用いた探索研究を公募します。申請者が所属する機関において実施するもので,研究所内の特定の研究者との共同研究の形態を取る必要はありません。(1件につき上限20万)。研究報告書の作成・提出をお願いいたしますが,成果発表会での報告は求めません。
(E)研究集会
(1〜2件程度で単年)
和漢医薬学に関連する研究集会開催に係る助成を公募します。 原則として旅費または報告書印刷費の一部を支援します(1件につき上限50万)。研究報告書の作成・提出をお願いいたしますが,成果発表会での報告は求めません。

*応募にあたっての注意

1)重点研究および一般研究T

●生薬エキス・方剤エキスの作製または入手に係る経費は配分された研究費に含まれるものとします。

●生薬エキス・方剤エキスの作製方法・入手方法については予め,研究所の研究分担者と十分に相談して決めてください。

●作製または入手された生薬,生薬エキス,方剤エキスの一部は,研究所分担研究者を通して保管用および化学的プロファイリング用として研究所に提供されるものと致します。なお,化学的プロファイリングは研究所化学系専門職員が担当致します。

●研究成果については,年度終了時に研究報告書の提出と成果発表会での公表が応募の前提となります。得られたデータは研究所データベースに入力をお願いすることになります。特許等の知的財産権が関わる可能性がありますので,データの公表可否については予め研究所にご相談下さい。


重点方剤:下記の40種を本共同利用・共同研究拠点で重点的に取り組むべき方剤といたします。
安中散,茵陳蒿湯,越婢加朮湯,黄連解毒湯,葛根湯,加味温胆湯,加味帰脾湯,加味逍遙散,帰脾湯,桂枝湯,桂枝茯苓丸,呉茱萸湯,五苓散,柴胡加竜骨牡蠣湯,柴胡桂枝湯,三黄瀉心湯,酸棗仁湯,四君子湯,四物湯,芍薬甘草湯,十全大補湯,小柴胡湯,小青竜湯,真武湯,大建中湯,大柴胡湯,釣藤散,桃核承気湯,当帰芍薬散,人参湯,麦門冬湯,八味地黄丸,半夏厚朴湯,半夏瀉心湯,白虎加人参湯,防己黄耆湯,防風通聖散,補中益気湯,麻黄湯,麻黄附子細辛湯 

2)探索研究に利用可能な生薬由来化合物セット,生薬エキスセットは,下記の通りです。

●天然物由来であるため,ご提供できる量には制限があります。また研究実施期間中にロットが変わることもありますので,予め了解願います。

●研究成果については,年度終了時に研究報告書の提出と成果発表会での公表が応募の前提となります。

●得られたデータは研究所データベースに入力をお願いすることになります。特許等の知的財産権が関わる可能性がありますので,データの公表可否については予め研究所にご相談下さい。


生薬由来化合物セット(80種)
Aconitine, Albiflorin, Alisol A, Alisol B, Alkannin, Amygdalin, Arbutin, Astragaloside IV, Atractylenolide III, Aucubin, Baicalein, Baicalin, Barbaloin, Berberine chloride, Bergenin, Bufalin, Bufotalin, Capillarisin, Capsaicin, Catalpol, (E)-Cinnamic acid, Cinobufagin, Cinobufotalin, Coptisine Chloride, Corydaline, Curcumin, Dehydrocorydaline nitrate, Dehydrocostuslactone, Dihydrocapsaicin, Dimethylesculetin, EleutherosideB, (-)-Epigallocatechin gallate, Epihesperidin, Ergosterol, beta-Eudesmol, (E)-Ferulic acid, Geniposide, Geniposidic acid, Gentiopicroside, [6]-Gingerol, Ginsenoside Rb1, Ginsenoside Rc, Ginsenoside Rd, Ginsenoside Re, Ginsenoside Rg1, Glabridin, Glycyrrhizic acid, Gomisin A, Gomisin N, Hesperidin, Hirsutine, Honokiol, Hypaconitine, Icariin, Isofraxidine, (Z)-Ligustilide, Limonin, Loganin, Magnolol, Mesaconitine, Naringin, Nodakenin, Osthole, Oxymatrine, Paeoniflorin, Paeonol, Palmatine chloride, (S)-Perillaldehyde, Puerarin, Rhynchophylline, Saikosaponin a, Saikosaponin b2, Saikosaponin c, Schizandrin, Sennoside A, Shikonin, [6]-Shogaol, Sinomenine, Swertiamarin, Wogonin


生薬エキスセット(120種)



(2)共同研究実験室、共同研究機器、データベース、宿泊施設

●機器:
本研究所のみならず富山大学生命科学先端研究センターの共同機器も使用することができます。


●生命科学先端研究センターの共同機器:
協力研究員として本研究所に登録後、使用することができます。生命科学先端研究センターの共同機器はホームページを御覧ください。
本学生命科学先端研究センター: http://www.lsrc.u-toyama.ac.jp/index-j.html

●データベース:
民族薬物データベースおよび証類本草データベース使用することができます。
詳しくは本研究所のホームページを御覧ください。
本研究所: http://www.inm.u-toyama.ac.jp/index.html

●宿泊施設:
杉谷キャンパス内の共同研究来学者用宿泊施設を利用できます。

2.申請代表者

大学並びに公的研究機関に所属する本研究所以外の研究者。なお、研究組織には大学院学生及び国外の研究機関等の研究者を含めることができます。

3.共同研究期間

平成22年度は、平成23年3月31日までとします。

4.申請方法

(1) 共同研究の申請を行うにあたっては申請代表者が、「共同研究申請書」を1通作成し、メールに添付して申請してください(添付書類のタイトルは「共同研究申請書(氏名、所属)」を付けてください)。また、所属機関の長の承諾書(様式5)を、封筒に「共同研究承諾書在中」と記入のうえ、郵送で 6.申請書提出先 へ提出して下さい。また、採択後に、共同研究者(本研究所所属の者を除く)からの「共同研究承諾書」(形式自由)も封筒に「共同研究者・共同研究承諾書在中」と記入のうえ、郵送で 6.申請書提出先 へ提出していただくことになります。
Word形式、11pt、とし、書式内に入れてください。
重点研究および一般研究T申請書(様式1-1)
一般研究U(国際共同研究・人材育成枠)申請書(様式2-1)
一般研究V申請書(様式3-1)
研究集会用申請書(様式4-1)
共同研究承諾書(様式5)


※ 「共同研究承諾書」(所属長承諾の押印有)を提出していただくことで、所属先への出張依頼は行いません。

(2)申請者は、予め共同研究を行う予定の本研究所の教員と研究題目、研究目的、研究計画(使用エキスの作成または入手方法を含む)、来学予定期間、必要経費、要望事項等について打ち合わせのうえ、申請して下さい。なお、本研究所の各研究分野・所属教員・研究の概要等は、本研究所ホームページを御覧下さい。
本研究所: http://www.inm.u-toyama.ac.jp/index.html

5.申請書提出期限

平成22年5月28日(金)

6.申請書提出先

国立大学法人 富山大学 研究振興部 研究協力グループ
担当 小川 千都世
〒930-0194 富山市杉谷2630
電話:076-434-7684 (ダイヤルイン) FAX:076-434-4656
E-mail:
(お問い合わせの際には[at]を@に変換してください)

7.採否

共同研究の採否は本研究所の共同研究委員会において審議し、6月中旬頃、申請者へ直接通知します。なお、採択された場合、研究代表者及び分担者の方々には、「富山大学和漢医薬学総合研究所協力研究員」として委嘱いたします。

8.所要共同研究経費

共同研究に必要な研究経費(消耗品費及び旅費)は、募集テーマに記載してある金額を上限として 本研究所で支出します。共同研究に必要な旅費は、本学の旅費規則に基づき算出し、精算払いとします。

9.共同研究成果の報告

 学術情報の共有化を図るため、共同研究期間終了時に開催される共同研究報告セミナーで発表していただきます。
 また、共同研究の代表者は、共同研究期間終了後1ヶ月以内に「共同研究報告書」1通を、6.申請書提出先 宛に提出してください。
重点研究および一般研究T報告書(様式1-2)
一般研究U(国際共同研究、人材育成枠)報告書(様式2-2)
一般研究V報告書(様式3-2)
研究集会報告書(様式4-2)

10.共同研究による成果の発表

本共同研究の成果を論文として発表する場合には、必ず採用通知に記載された課題番号を記入し、「富山大学和漢医薬学総合研究所における共同研究」による旨を明記してください。その際、別刷り1部を 6.申請書提出先 へ提出してください。

【和文】
本研究は、富山大学和漢医薬学総合研究所共同研究補助金(助成番号)より研究助成を受けて行われた。
【英文】
This research was supported by a Grant-in-Aid for the Cooperative Research Project from Institute of Natural Medicine, University of Toyama (Grant number).

11.知的財産権の取扱い

本共同研究での知的財産の取り扱いについては、国立大学法人富山大学知的財産ポリシーによります。詳細は本学の下記のホームページを御参照ください。
(http://www3.u-toyama.ac.jp/totlo/policy/point_policy.html#point01)
また、知的財産権の取扱いに考慮すべき共同研究成果の発表及び報告に関しましては、下記の問合せ先までご連絡ください。別途協議いたします。

12.お問い合わせ先

国立大学法人 富山大学 研究振興部 研究協力グループ
担当 小川 千都世
〒930-0194 富山市杉谷2630
電話:076-434-7684 (ダイヤルイン) FAX:076-434-4656
E-mail:
(お問い合わせの際には[at]を@に変換してください)

前のページへ戻る