和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究について

前のページへ戻る

平成23年度 富山大学和漢医薬学総合研究所
共同研究公募について

 本拠点は関連する他の研究機関に所属する研究者との共同研究を通して、和漢医薬学研究の中核的共同研究拠点の形成を推進しています。
 本拠点では、本拠点の目的において取り組まれるべき課題を以下のように設定しており、かつこれに関する共同研究を公募いたします。この共同研究では、本研究所の設備やデータベースなどを利用し、本研究所外の研究者と本研究所教員が共同で研究を行います。

@  天然薬物資源の確保と保全及び和漢薬の標準化*
  ・ 和漢薬の標準化のための基原・成分・活性融合研究
  ・ 和漢薬資源の多様性の解析と栽培化に関する研究
  ・ 和漢薬の生理活性成分に関する研究
  ・ 和漢薬成分を活用したケミカルバイオロジーの展開

和漢薬の標準化*
 和漢薬とは、狭義には「和薬」と「漢薬」を指します。本研究所では広義に、天然に由来する薬物である「生薬」を「和漢薬」と解釈し、生薬が配合されている「漢方薬」も和漢薬の範疇に入れています。
 生薬として用いられる薬用植物、薬用動物、薬用鉱物は、元来、天然に由来し、それらの一部またはその全体が簡単に加工されているため、基原、含有成分、生理活性、 薬理作用及び薬効は常に変動する可能性があります。しかし、生薬も「薬」である以上、安定した有効性と安全性が担保されなければなりません。特に、臨床応用される漢方薬では必須です。
 和漢薬の標準化とは、生薬または漢方薬の有効性・安全性を担保するために、和漢薬の品質を一定の基準内に収めることを意図しています。

A 和漢医薬学の基礎研究の推進及び西洋医薬学との融合
  ・ 病態モデルを用いた病態制御機構の解明と和漢薬の有効性の薬理学的検証
  ・ 和漢薬を基盤としたイノベイティブな治療薬の創出
  ・ 和漢薬の臨床応用研究
  ・ プロテオーム解析技術など先端技術を応用した和漢医薬学における診断・治療体系の客観化
  ・ 和漢薬と西洋薬との薬物間相互作用に関する研究

B 和漢医薬学研究の中核的情報発信拠点の形成
  ・ 和漢薬の遺伝子情報、成分解析情報と生物活性情報のリレーショナルデーターベース
    (伝統薬統合データベース)の構築
  ・ 和漢薬のケモ・バイオインフォマティクス
  ・ ETHMEDデータベースと「証類本草」等の古典及び文献データベースの拡充
  ・ 基礎及び臨床研究成果の多面的な統合情報の解析
  ・ 関連データベースの統合による和漢薬情報発信拠点の形成

前のページへ戻る