和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究採択結果

前のページへ戻る

平成23年度 公募型共同研究報告書

 採択課題一覧

(A)重点研究:新規(形態2-1)

●機関名:近畿大学医学部細菌学教室
  申請代表者・職:中山隆志・講師
  本学研究者・職:小泉桂一・准教授
  課題名:麻黄含有漢方方剤の気管支ぜん息治療効果に対する免疫学的な機序解明
         およびその活性物質の探索
       〜ケモカイン受容体CCR3、CCR4、およびCCR8に対する
          トリプルアンタゴニストに焦点を絞って〜

     pdf 報告書ダウンロード

論文 Matsuo K., Koizumi K., Fujita M., Morikawa T., Jo M., Shibahara N., Saiki I., Yoshie O., Nakayama T.: Efficient Use of a Crude Drug/Herb Library Reveals Ephedra Herb As a Specific Antagonist for TH2-Specific Chemokine Receptors CCR3, CCR4, and CCR8. Front Cell Dev Biol., 2016 Jun 7;4:54. doi: 10.3389/fcell.2016.00054. eCollection 2016. [abstract]

(B)一般研究T 

●機関名:熊本大学大学院生命科学研究部
  申請代表者・職:礒濱洋一郎・准教授
  本学研究者・職:宮田健・教授
  課題名:漢方薬およびその成分によるアクアポリン調節作用の薬理学的意義に関する研究
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:金沢大学医薬保健研究域薬学系資源生薬学研究室
  申請代表者・職:佐々木陽平・准教授
  本学研究者・職:小松かつ子・教授
  課題名:国産漢方生薬資源の現状調査と今後の開発に関する研究
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部応用薬理学
  申請代表者・職:安東嗣修・准教授
  本学研究者・職:条美智子・助教
  課題名:牛車腎気丸、及び関連漢方方剤の抗癌薬誘発末梢神経障害性疼痛への
        効果に関する研究
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部(医学系)皮膚科学講座学
  申請代表者・職:清水忠道・教授
  本学研究者・職:門脇真・教授
  課題名:漢方薬紫雲膏の主要活性成分であるシコニンの
        生体防御作用の解明とそれに基づく新規適応症探索
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:京都大学大学院薬学研究科(慶応義塾大学先端生命科学研究所兼任)
  申請代表者・職:石濱泰・教授
  本学研究者・職:櫻井宏明・准教授
  課題名:リン酸化プロテオーム解析による生薬・漢方エキスの生物活性評価
  pdf 報告書ダウンロード

論文 Zhou Y., Tanaka T., Sugiyama N., Yokoyama S., Kawasaki Y., Sakuma T., Ishihama Y., Saiki I., and Sakurai H.: p38-mediated phosphorylation of Eps15 endocytic adaptor protein. FEBS Lett., 588(1), 131-137, 2014. [abstract]


●機関名:名古屋市立大学大学院薬学研究科生薬学分野
  申請代表者・職:牧野利明・准教授
  本学研究者・職:手塚康弘・准教授
  課題名:漢方薬と西洋薬の有機アニオントランスポーターを介する
        薬物相互作用に関する研究
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:McgGill University Department of psychiatry
  申請代表者・職:後藤幸織・Assistant Professor
  本学研究者・職:東田千尋・准教授
  課題名:Diosgeninの記憶改善作用に関する研究
  pdf 報告書ダウンロード


論文 Tohda C., Lee Y.A., Goto Y., Nemere I.: Diosgenin-induced cognitive enhancement in normal mice is mediated by 1,25D3-MARRS. Sci Rep., 3:3395, 2013. doi:10.1038/srep03395. [abstract]


●機関名:富山大学地域連携推進機構
  申請代表者・職:横澤隆子・客員教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:漢方薬による糖尿病および糖尿病性認知症の改善と改善機構
  pdf 報告書ダウンロード


論文 Zhao Q., Matsumoto K., Tsuneyama K., Tanaka K., Li F., Shibahara N., Miyata T., Yokozawa T: Diabetes-induced central cholinergic neuronal loss and cognitive deficit are attenuated by tacrine and a Chinese herbal prescription, kangen-karyu: elucidation in type 2 diabetes db/db mice.J. Pharmacol. Sci. 117: 230-242, 2011. [abstract]


論文 Zhao Q, Niu Y., Matsumoto K., Tsuneyama K., Tanaka K., Miyata T., Yokozawa T: Chotosan ameliorates cognitive and emotional deficits in an animal model of type 2 diabetes: possible involvement of cholinergic and VEGF/PDGF mechanisms in the brain. BMC Comp. Alt. Med. 12: 188, 2012 [abstract]


●機関名:東京大学大学院理学系研究科
  申請代表者・職:有田正規・准教授
  本学研究者・職:田中謙・准教授
  課題名:琉球特産生薬データベースの開発
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科
  申請代表者・職:立川仁典・教授
  本学研究者・職:梅嵜雅人・特命准教授
  課題名:量子化学的計算手法による人参薬効成分:Ginsenoside類などの薬効機構の解明
  pdf 報告書ダウンロード

(C)一般研究U 

●機関名:南京大学化学化工学院
  申請代表者・職:李建新・教授
  本学研究者・職:門田重利・教授
  課題名:メタボノミクスを用いた漢方配合による解毒作用の分子メカニズムに関する研究
  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:Department of Pharmaceutical Chemistry,
     Faculty of Pharmacy, Mahidol University
  申請代表者・職:Piyanuch Rojsanga・Lecturer
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:The anti-amnesic effects of Thunbergia laurifolia on
       scopolamine-induced memory deficits in mice.
  pdf 報告書ダウンロード


論文 Rojsanga P., Sithisarn P., Tanaka K., Mizuki D., Matsumoto K.: Thunbergia laurifolia extract ameliorates cognitive and emotional deficits in olfactolectomized mice. Pharmaceutical Biol., 53(8): 1141-1148, 2015.[abstract]


●機関名:Department of Phamacognosy,
      Faculty of Pharmacy, Mahidol University
  申請代表者・職:PONGTIP SITHISARN・Single
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:Effects of Acanthopanax trifoliatus extracts on
       learning and memory behavior of rats by performance in Y maze test.
  pdf 報告書ダウンロード

論文 Sithisarn P., Rojsanga P., Jarikasem S., Tanaka K., Matsumoto K.: Ameliorative effects of Acanthopanax trifoliatus on cognitive and emotional deficits in olfactory bulbectomized mice, an animal model of depression and cognitive deficits. Evid Based Complement Alternat Med, Volume 2013, Article ID 701956 [abstract]

●機関名:College of Traditional Chinese Meteria Medica, Shenyang Pharmaceutical University
  申請代表者・職:Jun Yin・Dean and Professor
  本学研究者・職:済木育夫・教授
  課題名:Study on the A549 cells apoptosis mechanism induced by DGG,
       a cardiac glycoside, basedon stress-response pathways
       and NF-kB signaling pathway.
  pdf 報告書ダウンロード

論文 Xue R., Han N., Sakurai H., Saiki I., Ye C. and Yin J.: Cytotoxic Cardiac Glycosides from the Roots of Streptocaulon juventas. Planta Medica, 79: 157-162, 2013. [abstract]

論文 Xue R., Han N., Xia M., Ye C., Hao Z., Wang L., Wang Y., Yang J., Saiki I. and Yin J.: TXA9, a cardiac glycoside from Streptocaulon juventas, exerts a potent anti-tumor activity against human non-small cell lung cancer cells in vitro and in vivo. Steroids, in press, 2015 [abstract]

 

(D)研究集会 

●機関名:和漢医薬学総合研究所
  申請代表者・職:門田重利・所長 教授
  本学研究者・職:門脇真・教授
  課題名:和漢医薬学総合研究所 特別セミナー
  pdf 報告書ダウンロード
  


●機関名:東京理科大学 薬学部
  申請代表者・職:岡淳一郎・教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:生体機能と創薬シンポジウム2011
  pdf 報告書ダウンロード


前のページへ戻る