和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究採択結果

前のページへ戻る

平成24年度 共同利用・共同研究拠点「共同研究公募」 報告書

 採択課題一覧

(A)一般研究T 

●機関名:北陸先端科学技術大学院大学
  申請代表者・職:平修・助教
  本学研究者・職:shu・助教
  課題名:イメージング質量分析による生薬の新規品質評価技術の開発

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:大阪大学大学院 薬学研究科
  申請代表者・職:原田和生・ 助教
  本学研究者・職:小松かつ子・教授
  課題名:メタボロームデータと抗炎症活性を指標にした栽培カンゾウの品質評価

  pdf 報告書ダウンロード

●機関名:東京理科大学 薬学部
  申請代表者・職:岡淳一郎・教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:生活習慣・ストレスに起因する認知情動行動障害に対する和漢薬の作用解明

  pdf 報告書ダウンロード

論文 Matsumoto K., Zhao Q., Niu Y., Fujiwara H., Tanaka K., Sasaki-Hamada S., Oka J.-I.: Kampo formulations, chotosan and yokukansan, and dementia therapy: existing clinical and preclinical evidence. J Pharmacol Sci 122: 257-269, 2013. [abstract]

論文 Sasaki-Hamada S., Tamaki K., Otsuka H., Ueno T., Sacai H., Niu Y., Matsumoto K., Oka J.-I. : Chotosan, a Kampo formula, ameliorates hippocampal LTD and cognitive deficits in juvenile-onset diabetes rats. J Pharmacol Sci., 124: 192-200, 2014. [abstract]

論文 Niu Y., Li F., Inada C., Watanabe S., Fujiwara H., Tanaka K., Sasaki-Hamada S., Oka J-I., Matsumoto K.: Chemical profiling with HPLC-FTMS of exogenous and endogenous chemicals susceptible to the administration of chotosan in an animal model of type 2 diabetes. J Pharm Biomed Anal., 104: 21-30, 2015. [abstract]

論文 Sasaki-Hamada S., Suzuki A., Sanai E., Matsumoto K., Oka J.-I.: Neuroprotection by chotosan, a Kampo formula, against glutamate excitotoxicity involves the inhibition of GluN2B-, but not GluN2A-containing NMDA receptor activation in primary cultured cortical neurons . Journal of Pharmacological Sciences, 2017 accepted. 

総説 岡淳一郎, 濱田幸恵, 松本欣三: 釣藤散の脳機能障害改善作用. 日薬理誌, 147: 157-160; 2016


●機関名:秋田県立大学 生物資源科学部 応用生物科学科
  申請代表者・職:村田純・教授
  本学研究者・職:横山悟・助教
  課題名:腎癌細胞の運動抑制効果を有する生薬エキス及び生薬含有化合物の探索

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:京都薬科大学 病態薬科学系 薬物治療学分野
  申請代表者・職:加藤伸一・准教授
  本学研究者・職:林周作・助教
  課題名:抗がん剤起因性腸炎に対する大建中湯、
        紫苓湯および関連方剤の効果に関する研究

  pdf 報告書ダウンロード

論文 Kato S., Hayashi S., Kitahara Y., Nagasawa K., Aono H., Shibata J., Utsumi D., Amagase K., Kadowaki M.: Saireito (TJ-114), a Japanese traditional herbal medicine, reduces 5-fluorouracil-induced intestinal mucositis in mice by inhibiting cytokine-mediated apoptosis in intestinal crypt cells. PLoS One, 10: e0116213, 2015. doi: 10.1371/journal.pone.0116213.  [abstract]


●機関名:愛知学院大学 薬学部
  申請代表者・職:井上誠・教授
  本学研究者・職:渡辺志朗・准教授
  課題名:筋肉減少症の予防・改善作用を有する漢方方剤の探索と有効性の解析

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
  申請代表者・職:金谷重彦・教授
  本学研究者・職:田中謙・准教授
  課題名:次世代シーケンサーを用いたウコンのトランスクリプトーム解析

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:金沢大学 医薬保健研究域薬学系
  申請代表者・職:三宅克典・助教
  本学研究者・職:伏見裕利・特命准教授
  課題名:国内で繁用される鉱物性生薬に関する資源調査

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:北里大学 北里生命科学研究所 和漢薬物学
  申請代表者・職:清原寛章・准教授
  本学研究者・職:山本武・助教
  課題名:腸管免疫系に対する漢方薬の作用の解析-補中益気湯と葛根湯を例にして-

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:九州大学 生体防御医学研究所 免疫遺伝学分野
  申請代表者・職:福井宣規・教授
  本学研究者・職:門脇真・教授
  課題名:免疫修飾作用を有する漢方薬の樹状細胞機能に対する作用の解明

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:北海道大学水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 生物有機化学研究室
  申請代表者・職:酒井隆一・教授
  本学研究者・職:東田千尋・准教授
  課題名:アルツハイマー病の記憶障害を改善する海洋天然物の探索

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:富山大学大学院 医学薬学研究部 応用薬理学
  申請代表者・職:倉石泰・教授
  本学研究者・職:済木育夫・教授
  課題名:東西医薬融合による癌治療並びに末梢神経障害軽減へのエビデンスの構築

  pdf 報告書ダウンロード

論文 Bahar M.A., Andoh T., Ogura K., Hayakawa Y., Saiki I. and Kuraishi Y.: Herbal medicine goshajinkigan prevents paclitaxel-induced mechanical allodynia without impairing anti-tumor activity of paclitaxel. Evid. Based Complement Alternat. Med., ID 849754, 2013. [abstract]



(B)一般研究U 

●機関名:School of Pharmaceutical Sciences, Peking University Health Science Center,
     Peking University
  申請代表者・職:SHAO QING CAI・Professor
  本学研究者・職:小松かつ子・教授
  課題名:Study on genetic polymorphism of genus Acorus and its application
       for standardization of Acori Graminei Rhizoma

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:Department of Pharmacology and Biochemistry,
     Vietnam National Institute of Medicinal Materials
  申請代表者・職:PHAM THI NGUYET HANG・Researcher
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:Study on the effects of Bacopa monnieri Wettst extract,
       a traditional Vietnamese herb and its potential compounds,bacoside A and-B,
       on cognitive and emotional deficits in an animal model of dementia,
       and molecular mechanism underlying their actions.

  pdf 報告書ダウンロード


論文 Le T.X., Pham T.N.H., Do T.P., Fujiwara H., Tanaka K., Li F., Nguyen M.K., Matsumoto K.: Bacopa monnieri ameliorates memory deficits in olfactory bulbectomized mice: Possible involvement of glutamatergic and cholinergic systems. Neurochem Res 38: 2201-2015, 2013. [abstract]

論文 Le T.X., Pham T.N.H., Nguyen V.T., Nguyen M.K., Tanaka K., Fujiwara H., Matsumoto K.: Protective effects of Bacopa monnieri on ischemia-induced cognitive deficits in mice: the possible contribution of bacopaside I and underlying mechanism, J Ethnopharmacology[abstract]


(C)研究集会 

●機関名:城西国際大学 薬学部 薬理学研究室
  申請代表者・職:堀江俊治・教授
  本学研究者・職:門脇真・教授
  課題名:第15 回天然薬物研究方法論アカデミー 千葉船橋シンポジウム

  pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:富山大学 和漢医薬学総合研究所
  申請代表者・職:柴原直利・教授
  課題名:富山大学和漢医薬学総合研究所 第33回特別セミナー

  pdf 報告書ダウンロード



(D)探索研究プロジェクト 

●機関名:福井大学 医学部 分子生命化学
  申請代表者・職:藤井豊・教授
  課題名:A 群溶血性連鎖球菌咽頭炎治療薬の和漢医薬探査研究プロジェクト

  pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:愛知学院大 学薬学部 薬用資源学講座
  申請代表者・職:田邉宏樹・講師
  課題名:和漢薬由来核内受容体Aryl hydrocarbon Receptor(AhR)リガンドの探索研究

  pdf 報告書ダウンロード


●機関名:帝京平成大学 薬学部 薬学科
  申請代表者・職:磯田勝弘・講師
  課題名:肝炎に対し有効な新規肝庇護療法薬の探索

  pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:帝京大学 薬学部
  申請代表者・職:大藏直樹・准教授
  課題名:血管内皮細胞を健常化して血栓形成因子の発現を抑制する
       生薬および生薬由来化合物の探索

  pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:日本薬科大学 薬学部 薬学科 生命分子薬学分野
  申請代表者・職:山岸純一・教授
  課題名:生薬由来化合物あるいは生薬エキスをソースとした多剤耐性菌に有効な
       新規DNAジャイレース阻害剤の探索研究

  pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 腎臓内科学分野
  申請代表者・職:安部秀斉・准教授
  課題名:漢方薬およびその成分による慢性腎臓病(chronic kidney disease)の
       修復促進に関わる新規治療法の開拓

  pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:富山大学大学院理工学研究部(工学)ナノ・新機能材料
  申請代表者・職:小野慎・准教授
  課題名:天然化合物および天然生薬ライブラリを利用した、アミラーゼ阻害剤の探索

  pdf 報告書ダウンロード

  

 

 所内配布分

●機関名:富山大学和漢医薬学総合研究所
申請代表者・職:森田洋行・教授
課題名:感染初期阻害型抗HIV活性物質の探索

  pdf 報告書ダウンロード



●機関名:富山大学和漢医薬学総合研究所
申請代表者・職:早川芳弘・准教授
課題名:光イメージング法によるがん細胞における炎症性シグナル活性化を調節する和漢薬の探索研究

  pdf 報告書ダウンロード

論文 Abdelhamed S., Yokoyama S., Hafiyani L., Kalauni S.L., Hayakawa Y., Awale S., and Saiki I.: Identification of plant extracts sensitizing breast cancer cells to TRAIL. Oncol. Rep., 29: 1991-1998, 2013. [abstract]

論文 Lou C., Takahashi K., Irimura T., Saiki I. and Hayakawa Y.: Identification of hirsutine as an anti-metastatic phytochemical by targeting NF-?B activation. Int. J. Oncol., 45(5), 2085-2091, 2014. [abstract]


●機関名:富山大学和漢医薬学総合研究所
申請代表者・職:横山悟・助教
課題名:漢方薬の作用機序を探る

  pdf 報告書ダウンロード

論文 Kin R., Kato S., Kaneto N., Sakurai H., Hayakawa Y., Li Feng., Tanaka K., Saiki I. and Yokoyama S.: Procyanidin C1 from Cinnamomi Cortex inhibits TGF-b-induced epithelial- to-mesenchymal transition in A549 lung cancer cell lines. Int. J. Oncol., 43(6), 1901-1906, 2013. [abstract]

論文 Kaneto N., Yokoyama S., Hayakawa Y., Kato S., Sakurai H. and Saiki I.: RAC1 inhibition as a therapeutic target for the gefitinib-resistant non-small cell lung cancer. Cancer Sci, 105(7), 788-794, 2014. [abstract]

論文 Abdelhamed S., Yokoyama S., Refeet A., Ogura K., Yagita H., Awale S. and Saiki I.: Piperine enhances the efficacy of TRAIL-based therapy for triple-negative breast cancer cells. Anticancer Res., 34(4): 1893-1899, 2014. [abstract]

論文 Hafiyani L. Yokoyama S., Abdelhamed S., Hayakawa Y. and Saiki I.: Bufadienolides overcome TRAIL resistance in breast cancer cells via JAK-STAT pathway. Altern. Integ. Med., 3(2): ID 1000154, 2014. [abstract]

論文 Habibie, Yokoyama S., Abdelhamed S., Awale S., Sakurai H., Hayakawa Y. and Saiki I.: Survivin suppression through STAT3/β-catenin-survivin axis is essential for resveratrol-induced melanoma apoptosis. Int. J. Oncol., 45(2), 895-901, 2014. [abstract]

 

●機関名:富山大学和漢医薬学総合研究所
申請代表者・職:小泉桂一・准教授
課題名:ワクチンアジュバント効果を有する生薬および成分の探索

  pdf 報告書ダウンロード

論文 Saiki I., Koizumi K., Goto H., Inujima A., Namiki T., Raimura M., Kogure T., Tatsumi T., Inoue H., Sakai S., Oka H., Fujimoto M., Hikiami H., Sakurai H., Shibahara N., Shimada Y. and Origasa H.: The long-term effects of a Kampo medicine, Juzentaihoto, on maintenance of antibody titer in elderly people after influenza vaccination. Evid. Based Complement Alternat. Med., ID568074, 2013. [abstract]

論文 Kee JY, Inujima A, Andoh T, Tanaka K, Li F, Kuraishi Y, Sakurai H, Shibahara N, Saiki I, Koizumi K.: Inhibitory effect of Moutan Cortex aqueous fraction on mast cell-mediated allergic inflammation. J Nat Med., 2014. [abstract]

論文 Inujima A., Yamada M., Takeno N., Hoshina A., Oe M., Shinohara K., Shibahara N., Sakurai H., Saiki I., Koizumi K.: A herbal plant derived compound, 1,2,3,4,6-penta-O-galloyl-β-D-glucose (PGG), increases cross-presentation of antigens to MHC class I molecules in dendritic cells. Traditional & Kampo Medicine., 2015. accepted. [abstract]




前のページへ戻る