和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究採択結果

前のページへ戻る

平成25年度 共同利用・共同研究拠点「共同研究公募」 報告書

 採択課題一覧

(A)一般研究T 

●機関名:東京理科大学 薬学部
  申請代表者・職:岡淳一郎・教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:生活習慣・ストレスに起因する認知情動行動障害に対する和漢薬の作用解明(継続)

 pdf 報告書ダウンロード

論文 Niu Y., Li F., Inada C., Watanabe S., Fujiwara H., Tanaka K., Sasaki-Hamada S., Oka J-I., Matsumoto K.: Chemical profiling with HPLC-FTMS of exogenous and endogenous chemicals susceptible to the administration of chotosan in an animal model of type 2 diabetes.J Pharm Biomed Anal., 104: 21-30, 2015.  [abstract]

論文 Matsumoto K., Zhao Q., Niu Y., Fujiwara H., Tanaka K., Sasaki-Hamada S., Oka J.-I.: Kampo formulations, chotosan and yokukansan, and dementia therapy: existing clinical and preclinical evidence. J Pharmacol Sci., 122: 257-269, 2013. [abstract]

論文 Sasaki-Hamada S., Tamaki K., Otsuka H., Ueno T., Sacai H., Niu Y., Matsumoto K., Oka J.-I: Chotosan, a Kampo formula, ameliorates hippocampal LTD and cognitive deficits in juvenile-onset diabetes rats. J Pharmacol Sci., 124: 192-200, 2014. [abstract]

論文 Sasaki-Hamada S., Suzuki A., Ueda Y., Matsumoto K., Oka J.I.: Serotonergic and dopaminergic systems are implicated in antidepressant-like effects of chotosan, a Kampo formula, in mice. J. Pharmacol. Sci., 133(2):110-113. doi: 10.1016/j.jphs.2017.01.002. [abstract]

論文 Sasaki-Hamada S., Suzuki A., Sanai E., Matsumoto K., Oka J.-I.: Neuroprotection by chotosan, a Kampo formula, against glutamate excitotoxicity involves the inhibition of GluN2B-, but not GluN2A-containing NMDA receptor activation in primary cultured cortical neurons . Journal of Pharmacological Sciences, 2017 accepted.[abstract]

総説 岡淳一郎, 濱田幸恵, 松本欣三: 釣藤散の脳機能障害改善作用. 日薬理誌, 147: 157-160; 2016


●機関名:千葉大学大学院医学研究院和漢診療学
  申請代表者・職:並木隆雄・ 准教授
  本学研究者・職:柴原直利・教授
  課題名:舌診撮影装置による診断法および診断支援開発

 pdf 報告書ダウンロード


●機関名:東京大学大学院薬学系研究科
  申請代表者・職:淡川孝義・助教
  本学研究者・職:森田洋行・教授
  課題名:ベラドンナコン由来トロパンアルカロイド生合成酵素の同定およびその結晶構造解析

 pdf 報告書ダウンロード


●機関名:静岡県立大学薬学部生薬学教室
  申請代表者・職:野口博司・教授
  本学研究者・職:森田洋行・教授
  課題名:生合成研究を基盤とした漢方方剤基原薬物の成分に関する研究

 pdf 報告書ダウンロード

論文 Matsui T., Kodama T., Mori T., Tadakoshi T., Noguchi H., Abe I., Morita H.: 2-Alkylquinolone alkaloid biosynthesis in the medicinal plant Evodia rutaecarpa involves collaboration of two novel type III polyketide synthases. J Biol Chem., 292(22):9117. doi: 10.1074/jbc.M117.778977.[abstract]


●機関名:京都薬科大学
  申請代表者・職:加藤伸一・准教授
  本学研究者・職:林周作・助教
  課題名:抗がん剤起因性腸炎に対する大建中湯、
        紫苓湯および関連方剤の効果に関する研究(継続)

 pdf 報告書ダウンロード

論文 Kato S., Hayashi S., Kitahara Y., Nagasawa K., Aono H., Shibata J., Utsumi D., Amagase K., Kadowaki M.: Saireito (TJ-114), a Japanese traditional herbal medicine, reduces 5-fluorouracil-induced intestinal mucositis in mice by inhibiting cytokine-mediated apoptosis in intestinal crypt cells. PLoS One, 10: e0116213, 2015. doi: 10.1371/journal.pone.0116213. [abstract]

●機関名:愛知学院大学 薬学部
  申請代表者・職:井上誠・教授
  本学研究者・職:渡辺志朗・准教授
  課題名:筋肉減少症の予防・改善作用を有する漢方方剤の探索と有効性の解析(継続)

 pdf 報告書ダウンロード

●機関名:奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
  申請代表者・職:小野直亮・助教
  本学研究者・職:田中謙・准教授
  課題名:ウコン栽培品種のマルチオミクス解析

 pdf 報告書ダウンロード

●機関名:金沢大学医薬保健研究域
  申請代表者・職:御影雅幸・教授
  本学研究者・職:柴原直利・教授
  課題名:エフェドリン系アルカロイドを含有しない葛根湯の開発研究

 pdf 報告書ダウンロード

(B)一般研究U 

●機関名:Division of Pharmaceutical Chemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences,
     Khonkaen University
  申請代表者・職:Yaowared Chulikhit・Lecturer
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:Effects of miroestrol on cognitive learning and depressive behaviors
        and related gene expression in ovariectomized ICR mice.

 pdf 報告書ダウンロード

論文 Monthakantirat O., Sukano W., Umehara K., Noguchi H., Chulikhit Y., Matsumoto K.: Effect of miroestrol on ovariectomy-induced cognitive impairment and lipid peroxidation in mouse brain. Phytomedicine, 21: 1249-1255, 2014. [abstract]


●機関名:Vietnam Nationl Institute of Medicinal Materials
  申請代表者・職:Khoi Minh Nguyen・Director
  本学研究者・職:済木育夫・教授
  課題名:Study on anticancer effects of Luvunga monophylla(DC)Mabb.

 pdf 報告書ダウンロード

論文 Xuyen P.T., Thuong P.T., Khoi N.M., Hang P.T.N., Hayakawa Y., Yokoyama S. and Saiki I.: Ent-18-acetoxy-7β-hydroxykaur-16-en-15-0ne from Croton tonkinensis induces cell death and down-regulates anti-apoptotic gene XIAP through NF-κB signaling. J. Med. Materials-Hanoi, 19, N1, 3-8, 2014. [abstract]



(C)研究集会 

●機関名:富山大学和漢医薬学総合研究所
  申請代表者・職:柴原直利・所長・教授
  本学研究者・職:森田洋行・教授
  課題名:和漢医薬学総合研究所 特別セミナー

 pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:岐阜薬科大学
  申請代表者・職:稲垣直樹・教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:天然薬物研究方法論アカデミー第16回シンポジウム

 pdf 報告書ダウンロード



(D)探索研究プロジェクト 

●機関名:金沢医科大学 総合医学研究所 先端医療研究領域
  申請代表者・職:高田尊信・助教
  課題名:生薬抽出エキスおよび生薬由来化合物による
        終末糖化産物蓄積化膵癌株化細胞のGSK-3β発現の
        抑制効果およびジェムシタビンの奏効率の上昇

 pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:摂南大学薬学部生薬学研究室
  申請代表者・職:矢部武士・教授
  課題名:グリア系細胞の機能調節による新規脳機能改善薬の探索

 pdf 報告書ダウンロード


●機関名:摂南大学理工学部生命科学科
  申請代表者・職:尾山廣・教授
  課題名:生薬由来化合物及び生薬エキスを対象としたプロテアーゼ阻害物質の探索

 pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:北海道大学大学院薬学研究院分子生物学研究室
  申請代表者・職:米田宏・講師
  課題名:スプライシング変異抑制効果を有する生薬由来成分の探索

 pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:新潟薬科大学 薬学部 薬品分析化学研究室
  申請代表者・職:大和進・教授
  課題名:ヒト肝がん由来培養細胞を用いたコレステロール合成抑制物質の新規探索

 pdf 報告書ダウンロード

   

●機関名:関西医科大学附属生命医学研究所 生体情報部門
  申請代表者・職:松田達志・准教授
  課題名:免疫制御を可能にする生薬由来成分の探索研究

 pdf 報告書ダウンロード

    



前のページへ戻る