和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究採択結果

前のページへ戻る

平成27年度 共同利用・共同研究拠点「共同研究公募」 報告書

 採択課題一覧

(S)特定研究 

●機関名:新潟大学 工学部 情報工学科
  申請代表者・職:阿部貴志・准教授
  本学研究者・職:済木育夫・教授、横山悟・助教
  課題名:Kampo Signal Panelの構築

   pdf  報告書ダウンロード

論文Eshima S., Yokoyama S., Abe T., Hayakawa Y., Saiki I.: Multi-pathway cellular analysis on crude natural drugs/herbs from Japanese Kampo formulations. PLoS One., 2015;10(6):e0128872. [abstract]


●機関名:国立長寿医療研究センター 認知症先進医療開発センター
アルツハイマー病研究部 発症機序解析研究室
申請代表者・職:関谷倫子・ 流動研究員
本学研究者・職:東田千尋・准教授、久保山友晴・助教
課題名:和漢薬の標的分子の網羅的解析および包括的作用メカニズムの解明

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科
  申請代表者・職:立川仁典・教授
  本学研究者・職:梅嵜雅人・特命准教授、門脇真・教授
  課題名:和漢薬のターゲットタンパク質のインシリコ探索

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:東京大学
  申請代表者・職:合原一幸・教授
  本学研究者・職:小泉桂一・准教授、門脇真・教授、林周作・助教
  課題名:数理モデルから紐解く漢方薬の複雑系動力学
          〜「未病」の検出からの新たな創薬に向けて〜

   pdf  報告書ダウンロード

       

(A)一般研究T 

●機関名:久留米大学 医学部
  申請代表者・職:野村靖幸・客員教授
  本学研究者・職:東田千尋・准教授
  課題名:小胞体ストレス応答機構を標的とする和漢薬由来抗アルツハイマー病薬の創製研究

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:摂南大学薬学部 複合薬物解析学研究室
  申請代表者・職:矢部武士・教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:隔離飼育動物モデルにおけるエピジェネティックな精神神経性障害の発症機構解明と薬物(和漢薬)制御

   pdf  報告書ダウンロード

論文Okada R., Tsushima R., Fujiwara H., Tsuneyama K., Matsumoto K.: Social isolation-induced fear memory deficits is mediated by down-regulated neuro-signaling systems Egr-1 expression in the brain. Neurochem. Res., 39: 875-882, 2014. [abstract]

論文Okada R., Fujiwara H., Mizuki D., Araki R., Yabe T., Matsumoto K.: Involvement of dopaminergic and cholinergic systems in social isolation-induced deficits in social affiliation and conditional fear memory in mice. Neuroscience, 299: 134-145, 2015. [abstract]

論文Araki R., Nishida S., Hiraki Y., Li F., Matsumoto K., Yabe T.: Kamikihito ameliorates lipopolysaccharide-induced sickness behavior via attenuating neural activation, but not inflammation, in the hypothalamic paraventricular nucleus and central nucleus of the amygdala in mice. Biol Pharm Bull., 39(2): 289-94, 2016. [abstract]

論文Araki R., Hiraki Y., Nishida S., Kuramoto N., Matsumoto K., Yabe T.: Epigenetic regulation of dorsal raphe GABAB1a associated with isolation-induced abnormal behaviors in mice. Neuropharmacology, 101: 1-12, 2016.  [abstract]

論文Fujiwara H., Yaoyu, H., Ebihara K., Awale S., Araki R., Yabe T., Matsumoto K.: Daily administration of yokukansan and keishito prevents social isolation-induced behavioral abnormalities and down-regulation of phosphorylation of neuroplasticity-related signaling molecules in mice. BMC Complement Altern Med., 17(1):195. doi: 10.1186/s12906-017-1710-7.  [abstract]

論文Ebihara K,.Fujiwara H., Awale S., Fita Dibwe D., Araki R., Yabe T., Matsumoto K.:Decrease in endogenous brain allopregnanolone induces autism spectrum disorder (ASD)-like behavior in mice: a novel animal model of ASD.Behav. Brain Res., 334: 6-15, 2017. doi: 10.1016/j.bbr.2017.07.019. [abstract]


●機関名:神戸大学 自然科学系先端融合研究環 バイオシグナル研究センター 分子薬理研究分野
  申請代表者・職:上山健彦・准教授
  本学研究者・職:東田千尋・准教授
  課題名:脳・脊髄損傷後修復におけるアストロサイトの役割解明

-アストロサイトを介し神経修復を促進する化合物のスクリーニングと新薬開発-

   pdf  報告書ダウンロード

論文Ishii T., Ueyama T., Shigyo M., Kohta M., Kondoh T., Uebi T., Kuboyama T., Gutmann D.H., Aiba A., Kohmura E., Tohda C., Saito N.: A Novel Rac1-GSPT1 signaling pathway controls astrogliosis following central nervous system injury. J. Biol. Chem., 292(4):1240-1250, 2017. doi: 10.1074/jbc.M116.748871. [abstract]


●機関名:ワシントン大学医学部 発生生物学部門
  申請代表者・職:佐藤亜希子・Staff Scientist
  本学研究者・職:東田千尋・准教授
  課題名:睡眠の質および断片化を改善する漢方方剤の検討

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部(薬学系) 衛生薬学分野
  申請代表者・職:田中保・准教授
  本学研究者・職:渡辺志朗・准教授、藤田恭輔・助教
  課題名:抗消化性潰瘍効果を示す漢方薬の有効成分としてのリン脂質メディエーター研究

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:岐阜薬科大学
  申請代表者・職:稲垣直樹・教授
  本学研究者・職:山本武・助教
  課題名:食物アレルギーの予防・治療における新たな可能性の探索

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:東京大学大学院 薬学系研究科
  申請代表者・職:森貴裕・助教
  本学研究者・職:森田洋行・教授
  課題名:ゴシュユと緑膿菌におけるキノンアルカロイド生合成研究と機能改変酵素を用いた物質生産系の確立

   pdf  報告書ダウンロード

論文Matsui T., Kodama T., Mori T., Tadakoshi T., Noguchi H., Abe I., Morita H.: 2-Alkylquinolone alkaloid biosynthesis in the medicinal plant Evodia rutaecarpa involves collaboration of two novel type III polyketide synthases. J Biol Chem., 292(22):9117. doi: 10.1074/jbc.M117.778977. [abstract]

●機関名:滋賀医科大学
  申請代表者・職:山本寛・講師
  本学研究者・職:門脇真・教授、林周作・助教
  課題名:腹部外科手術周術期における大建中湯の効果

   pdf  報告書ダウンロード

論文Yamamoto H., Maeda K., Arima H., Sonoda H., Shimizu T., Mekata E., Kaida S., Yamaguchi T., Murata S., Miura K., Kadowaki M., Tani M.: Perioperative Adiponectin Measurement is Useful for Prediction of Postoperative Infection in Patients with Colorectal Cancer. Ann. Surg. Oncol., 23 (Suppl 4): 540-545, 2016. doi: 10.1245/s10434-016-5386-x  [abstract]

●機関名:大阪大学大学院 薬学研究科 附属薬用植物園
  申請代表者・職:原田和生・講師
  本学研究者・職:小松かつ子・教授
  課題名:漢方薬の新品質評価法の開発を目指したメタボロームデータと生物活性の相関解析

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:京都薬科大学
  申請代表者・職:加藤伸一・教授
  本学研究者・職:林周作・助教
  課題名:柴苓湯などの柴胡剤によるJAK-STATシグナル抑制作用の分子メカニズムの解明とクローン病腸管狭窄症における線維化予防への応用

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:広島国際大学 薬学部
  申請代表者・職:井口裕介・助教
  本学研究者・職:藤田恭輔・助教
  課題名:ファルネソイドX受容体(FXR)活性評価による豚胆の肝臓脂質低下作用の機構解明

   pdf  報告書ダウンロード

論文Fujita K., Iguchi Y., Une M., Watanabe S.: Ursodeoxycholic acid suppresses lipogenesis in mouse liver: Possible role of the decrease in β-muricholic Acid, a farnesoid X receptor antagonist. Lipids, 52:335-344, 2017.  [abstract]

●機関名:琉球大学大学院 医学研究科 免疫学講座
  申請代表者・職:藤猪英樹・准教授
  本学研究者・職:早川芳弘・准教授
  課題名:漢方方剤併用による抗HTLV-I中和モノクローナル抗体を用いたHTLV-I感染・発症阻止効果の増強の試み

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:北海道大学大学院薬学研究院天然物化学教室
  申請代表者・職:脇本敏幸・准教授
  本学研究者・職:森田洋行・教授
  課題名:メタゲノムマイニングによる海洋無脊椎動物由来物活性物質の探索

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:富山大学大学院 医学薬学研究部(薬学)
  申請代表者・職:福地守・助教
  本学研究者・職:柴原直利・教授
  課題名:脳由来神経栄養因子BDNF 遺伝子発現誘導能に基づいた脳機能改善効果を有する生薬・和漢薬のスクリーニングおよびその作用機序の解明

   pdf  報告書ダウンロード

●機関名:東京理科大学 薬学部
  申請代表者・職:堀江一郎・助教
  本学研究者・職:済木育夫・教授
  課題名:補剤の免疫調節作用における骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)の役割

   pdf  報告書ダウンロード

(B)一般研究U 

●機関名:Faculty of Pharmacy, Hasanuddin University
  申請代表者・職:Subehan Ambo Lallo・Lectuere/researcher
  本学研究者・職:森田洋行・教授
  課題名:Studies on antibacterial and anti-HIV agents from Indonesian plants, marine sponges and fungi.

   pdf  報告書ダウンロード

論文Ito T., Nisa K., Kodama T., Tanaka M., Okamoto Y., Ismail, Morita H.: Two new cyclopentenones and a new furanone from Baeckea frutescens and their cytotoxicities. Fitoterapia, 112:132. doi: 10.1016/j.fitote.2016.05.017. [abstract]


●機関名:School of Traditional Chinese Meteria Medica, Shenyang Pharmaceutical University
  申請代表者・職:Na Han・Associate Professor
  本学研究者・職:済木育夫・教授
  課題名:Anti-proliferative and anti-metastasis activity of Chinese medicinal plants and the investigation on the anti-lung cancer metastasis activity of the essential oil of Cangzhu.

   pdf  報告書ダウンロード



(C)研究集会 

●機関名:富山大学 和漢医薬学総合研究所
  申請代表者・職:松本欣三・教授
  本学研究者・職:松本欣三・教授
  課題名:第14回日本臨床中医薬学会学術大会

   pdf  報告書ダウンロード


(D)探索研究プロジェクト 

●機関名:岩手医科大学
  申請代表者・職:毛塚雄一郎・助教
  課題名:生薬由来化合物および生薬エキスを用いた硫化水素産生酵素阻害剤の探索

   pdf  報告書ダウンロード

   

●機関名:帯広畜産大学 原虫病研究センター
  申請代表者・職:加藤健太郎・特任准教授
  課題名:トキソプラズマ原虫の増殖及び潜伏感染を抑制する生薬由来化合物及び生薬エキスの探索

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:千葉大学大学院 薬学研究院 薬物学研究室
  申請代表者・職:降幡知巳・助教
  本学研究者・職:當銘一文・准教授
  課題名:脳血管機能保護・賦活作用を有する和漢薬探索とその薬効発現分子機序の解明

   pdf  報告書ダウンロード

   

●機関名:長崎大学 熱帯医学研究所
  申請代表者・職:平山謙二・教授
  課題名:マウスマラリアモデルを用いた生薬の抗マラリア活性探索

   pdf  報告書ダウンロード

   

●機関名:京都大学 ウイルス研究所 ヒトがんウイルス研究分野
  申請代表者・職:本田知之・助教
  課題名:生薬を用いたボルナウイルスとレトロトランスポゾンとの相互作用解析

   pdf  報告書ダウンロード

   



前のページへ戻る