和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究採択結果

前のページへ戻る

平成28年度 共同利用・共同研究「共同研究公募」 報告書

 採択課題一覧

(A)一般研究T 

●機関名:山梨大学大学院総合研究部医学域解剖学講座
  申請代表者・職:岩野 智彦・助教
  本学研究者・職:柴原 直利・教授
  課題名:漢方薬由来化合物のヒト卵管上皮細胞の繊毛動態へ与える影響の解析

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)
  申請代表者・職:福地 守・助教
  本学研究者・職:柴原 直利・教授、小松かつ子・教授、當銘 一文・准教授
  課題名:隔脳由来神経栄養因子BDNF遺伝子発現誘導能に基づいた脳機能改善効果を有する生薬・和漢薬のスクリーニングおよびその作用機序の解明

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)
  申請代表者・職:安東 嗣修・准教授
  本学研究者・職:小松かつ子・教授、當銘 一文・准教授
  課題名:車前子成分を基盤とした抗がん薬誘発末梢神経障害性異常感覚の予防・治療薬シーズの同定

   pdf  報告書ダウンロード

論文Andoh T., Uta D., Kato M., Toume K., Komatsu K., Kuraishi Y.: Prophylactic administration of aucubin inhibits paclitaxel-induced mechanical allodynia via the inhibition of endoplasmic reticulum stress in peripheral Schwann cells. Biol. Pharm. Bull., 40: 473-478, 2017. doi: 10.1248/bpb.b16-00899[abstract]

●機関名:徳島文理大学薬学部生化学講座
  申請代表者・職:庄司 正樹・助教
  本学研究者・職:伊藤 卓也・准教授
  課題名:ミャンマー産伝統薬用植物由来の抗インフルエンザ活性天然化合物の探索研究

   pdf  報告書ダウンロード

論文Shoji M., Woo S., Masuda A., Win N. N., Ngwe H., Takahashi E., Kido H., Morita H., Ito T.: Anti-influenza virus activity of extracts from stems of Jatropha multifida Linn. collected in Myanmar. BMC Complem Altern Med., 17(1):96. doi: 10.1186/s12906-017-1612-8.[abstract]


●機関名:久留米大学医学部
  申請代表者・職:野村 靖幸・客員教授
  本学研究者・職:東田 千尋・准教授
  課題名:小胞体ストレス応答機構を標的とする和漢薬由来抗アルツハイマー病薬の創製研究

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:摂南大学薬学部
  申請代表者・職:荒木 良太・助教
  本学研究者・職:藤原 博典・助教、松本 欣三・教授
  課題名:精神疾患モデル動物のエピジェネティクス異常に対する和漢薬の作用の解析

   pdf  報告書ダウンロード

論文Fujiwara H., Tsushima R., Okada R., Awale S., Araki R., Yabe T., Matsumoto K.: Sansoninto, a traditional herbal medicine, ameliorates behavioral abnormalities and down-regulation of early growth response-1 expression in mice exposed to social isolation stress.J Trad. Complement Med., in press, doi.org/10.1016/j.jtcme.2017.03.004 [abstract]


●機関名:東京大学大学院薬学系研究科
  申請代表者・職:岡田 正弘・准教授
  本学研究者・職:森田 洋行・教授
  課題名:薬用植物や共生微生物におけるプレニルトリプトファン合成酵素の機能解析研究

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:神戸大学自然科学系先端融合研究環・バイオシグナル研究センター
  申請代表者・職:上山 健彦・准教授
  本学研究者・職:東田 千尋・准教授
  課題名:脳・脊髄損傷後修復におけるアストロサイトの役割解明
--アストロサイトを介し神経修復を促進する化合物のスクリーニングと新薬開発--

   pdf  報告書ダウンロード

論文Ishii T., Ueyama T., Shigyo M., Kohta M., Kondoh T., Uebi T., Kuboyama T., Gutmann D.H., Aiba A., Kohmura E., Tohda C., Saito N.: A Novel Rac1-GSPT1 signaling pathway controls astrogliosis following central nervous system injury. J. Biol. Chem., 292(4):1240-1250, 2017. doi: 10.1074/jbc.M116.748871.[abstract]

●機関名:琉球大学大学院医学研究科免疫学講座
  申請代表者・職:藤猪 英樹・准教授
  本学研究者・職:早川 芳弘・准教授
  課題名:生薬スクリーニングに基づく、漢方方剤服用による抗HTLV-I中和モノクローナル抗体を用いたHTLV-I感染・発症阻止効果の増強の試み

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:東京理科大学薬学部
  申請代表者・職:堀江 一郎・助教
  本学研究者・職:済木 育夫・教授
  課題名:和漢薬の骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)の調節作用とその意義

   pdf  報告書ダウンロード

(B)一般研究U 

●機関名:Department of Chemistry,University of Yangon,Myanmar
  申請代表者・職:Hla Ngwe・Professor and Head of Department of Chemistry
  本学研究者・職:森田 洋行・教授
  課題名:Discovery of bioactive phytoconstituents from medicinal plants collected in Myanmar

   pdf  報告書ダウンロード

論文Win N. N., Ito T., Ngwe H., Win Y. Y., Prema, Okamoto Y., Tanaka M., Asakawa Y., Abe I., Morita H: Labdane diterpenoids from Curcuma amada rhizomes collected in Myanmar and their antiproliferative activities. Fitoterapia, 122: 34-39 , 2017.[abstract]


●機関名:Faculty of Pharmaceutical sciences,KhonKaen University
  申請代表者・職:Yaowared CHULIKHIT・Assistant Professor
  本学研究者・職:松本 欣三・教授
  課題名:Effect of Pueraria candollei var. mirifica and miroestrol on ovariectomized-induced emotion deficit and osteoporosis in ICR mice

   pdf  報告書ダウンロード


●機関名:Faculty of Pharmacy, Universitas Gadjah Mada
  申請代表者・職:Retno Murwanti・Lecturer and Senior Resarcher
  本学研究者・職:早川 芳弘・准教授
  課題名:Exploratory study for anti-metastatic effect of Curcumin and its analogues (PGV-0 and PGV-1) in brest cancer model

   pdf  報告書ダウンロード



(C)研究集会 

●機関名:大野クリニック
  申請代表者・職:大野 修嗣・院長
  本学研究者・職:柴原 直利・教授
  課題名:第18回国際東洋医学会学術総会/The 18th International Congress of Oriental Medicine

   pdf  報告書ダウンロード



(D)探索研究プロジェクト 

●機関名:熊本大学生命科学研究部生体情報解析学
  申請代表者・職:畑 裕之・教授
  課題名:成人T細胞性白血病ウイルスタンパクの発現を抑制する和漢薬由来化合物の探索

   pdf  報告書ダウンロード

   

●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)
  申請代表者・職:福地 守・助教
  課題名:脳由来神経栄養因子BDNF遺伝子発現誘導活性を有する生薬由来化合物および漢方方剤エキスの探索

   pdf  報告書ダウンロード

   

●機関名:日本大学工学部生命応用化学科
  申請代表者・職:春木 満・教授
  課題名:癌に普遍的に効果のある薬剤の開発を目指したMTH1活性阻害作用およびRcn1/DSCR1の分解阻害作用を示す生薬のスクリーニング

   pdf  報告書ダウンロード

   

●機関名:大阪薬科大学薬学部
  申請代表者・職:藤森 功・准教授
  課題名:脂肪蓄積を抑制する和漢薬成分の探索とその作用機序の解明

   pdf  報告書ダウンロード      


●機関名:大阪大学大学院情報科学研究科
  申請代表者・職:田  雨時・特任助教
  課題名:抗デングウイルス薬の探索研究

   pdf  報告書ダウンロード

    

●機関名:大阪大学大学院医学系研究科
  申請代表者・職:本田知之・准教授
  課題名:生薬を用いたボルナウイルスとレトロトランスポゾンとの相互作用解析

   pdf  報告書ダウンロード



前のページへ戻る