和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

公募型共同研究採択結果

前のページへ戻る

平成29年度 共同利用・共同研究「共同研究公募」 採択結果

 採択課題一覧

(A)一般研究T 

●機関名:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
  申請代表者・職:丸山 征郎・特任教授
  本学研究者・職:早川 芳弘・教授
  課題名:グリチルリチンによるDAMP:HMGB1アイソフォームの分別制御と抗炎症活性のスペクトラムに関する研究


●機関名:山梨大学大学院総合研究部医学域解剖学講座細胞生物学教室
  申請代表者・職:岩野 智彦・助教
  本学研究者・職:柴原 直利・教授
  課題名:漢方薬由来化合物のヒト卵管上皮細胞の繊毛動態へ与える影響の解析


●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)応用薬理学
  申請代表者・職:安東 嗣修・准教授
  本学研究者・職:小松かつ子・教授、當銘 一文・准教授
  課題名:車前子成分を基盤とした抗がん薬誘発末梢神経障害性異常感覚の予防・治療薬シーズの同定


●機関名:徳島文理大学薬学部生化学講座
  申請代表者・職:庄司 正樹・助教
  本学研究者・職:伊藤 卓也・准教授
  課題名:ミャンマー産伝統薬用植物由来の抗インフルエンザ活性天然化合物の探索研究


●機関名:鹿児島大学農学部
  申請代表者・職:奥津 果優・特任助教
  本学研究者・職:小松かつ子・教授
  課題名:麹菌による発酵に着目した「神麹」の品質評価法の確立


●機関名:東京理科大学薬学部
  申請代表者・職:堀江 一郎・助教
  本学研究者・職:早川 芳弘・教授
  課題名:和漢薬の骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)の調節作用とその意義

●機関名:東京大学大学院薬学系研究科
  申請代表者・職:淡川 孝義・助教
  本学研究者・職:森田 洋行・教授
  課題名:霊芝由来漢方成分生合成酵素の機能解析とその物質生産への応用


●機関名:立命館大学薬学部
  申請代表者・職:田中 謙・教授
  本学研究者・職:渡辺 志朗・准教授
  課題名:植物の防御反応を利用した水耕栽培薬用植物の機能性強化に関する研究


●機関名:長崎大学 熱帯医学研究所 免疫遺伝学分野
  申請代表者・職:平山 謙二・教授
  本学研究者・職:當銘 一文・准教授
  課題名:漢方方剤・生薬由来新規抗マラリア薬の探索

●機関名:帯広畜産大学原虫病研究センター
  申請代表者・職:加藤 健太郎・准教授
  本学研究者・職:門脇 真・教授
  課題名:原虫感染症に有効な生薬由来化合物及び生薬エキスの同定とその作用機序の解析

●機関名:摂南大学薬学部
  申請代表者・職:荒木 良太・助教
  本学研究者・職:藤原 博典・助教、松本 欣三・教授
  課題名:精神疾患モデル動物のエピジェネティクス異常に対する和漢薬の作用の解析

●機関名:富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)薬用生物資源学
  申請代表者・職:田浦 太志・准教授
  本学研究者・職:森田 洋行・教授
  課題名:植物メロテルペノイド生合成酵素の立体構造解析を基盤とする新規天然薬物資源の開拓

(B)一般研究U 

●機関名:Department of Pharmacognosy and Pharmaceutical Botany, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Chulalongkorn University
  申請代表者・職:Wanchai De-Eknamkul・Head, Research Unit for Natural Product Biotechnology
  本学研究者・職:森田 洋行・教授
  課題名: Characterization of new type III polyketide synthase from Dendrobium orchid


(D)探索研究プロジェクト 

●機関名:大阪大学大学院医学系研究科感染症・免疫学講座ウイルス学
  申請代表者・職:本田 知之・准教授
  課題名:生薬を用いた肝炎ウイルスの新しい制御法の探索

   

●機関名:大分大学医学部薬理学講座
  申請代表者・職:寺林 健・助教
  課題名:癌微小環境を標的とした生薬由来の抗癌物質の探索


●機関名:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科病態代謝解析学分野
  申請代表者・職:丸山 順一・助教
  課題名:転写共役因子YAP1/TAZを活性化する生薬・漢方薬の多発性骨髄腫治療への応用

   

●機関名:千葉大学大学院医学研究院和漢診療学
  申請代表者・職:平崎 能郎・特任講師
  課題名:エピジェネティックな作用機序を持つ抗癌生薬の探索

   

●機関名:近畿大学東洋医学研究所分子脳科学研究部門
  申請代表者・職:宮田 信吾・教授
  課題名:細胞増殖や浸潤シグナル経路を抑制する生薬成分の探索・同定

     

●機関名:富山県立大学生物工研究センター ERATO浅野酵素活性分子プロジェクト
  申請代表者・職:河西 文武・博士研究員
  課題名:迅速なNLRP3インフラマソーム活性化検出法の開発とこれを制御する生薬もしくは漢方の探索

     

●機関名:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
  申請代表者・職:渡邊 健・助教
  課題名:伝統医薬由来の抗インフルエンザウイルス活性探索と作用機序解明

     

●機関名:長崎大学熱帯医学研究所免疫遺伝学分野
  申請代表者・職:平山 謙二・教授
  課題名:トリパノソーマに対する生薬由来化合物・抽出物の抗原虫効果の検討

     

●機関名:国立感染症研究所・真菌部
  申請代表者・職:深澤 秀輔・室長
  課題名:細菌型チロシンキナーゼ阻害物質の探索研究

     



前のページへ戻る