和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

和漢薬研究の科学基盤形成事業 概要

事業の目的

 

和漢薬の基礎科学研究から臨床科学研究までを網羅する研究体制を構築してきた和漢医薬学総合研究所に集積された技術、知識などの学術情報、和漢薬資源および研究環境を活用した共同利用・共同研究の実施を通して、和漢医薬学の科学基盤を確立し、それにより和漢薬の機能を活用した新たな医薬品や和漢薬方剤の開発、治療体系の確立に貢献することを目指します。

 

事業の役割

 

我が国における和漢医薬学研究の中核的拠点として、和漢薬に関する基礎的学術情報及び臨床的学術情報を集積・共有して、和漢薬情報の集約化と公開を図ることにより、研究者間及び研究機関間の共同利用・共同研究と学術交流の推進拠点として機能し、和漢薬の科学基盤を構築します。この情報を基に和漢医薬学的基盤に立った新薬創出や西洋医薬学との融合を含む新しい医療体系の構築等を推進することにより、全人的医療の確立を先導することが、本拠点の役割です。

 

公募型共同研究について

 

本事業では、本拠点の目的において取り組まれるべき課題を設定し、この課題に関する共同研究を公募しています。共同研究は、本研究所の設備やデータベースなどを活用して本研究所外の研究者と本研究所教員が共同で研究を行うものであり、この共同研究を通して和漢医薬学研究の中核的共同研究事業の形成を推進しています。

 

和漢薬 データベースについて

 

和漢薬Wikiデータベース

基原動植物、性状、LC-MS分析による含有成分パターン、活性、漢方348処方の薬理情報など和漢薬に関する総合的な情報や共同利用・共同研究拠点における研究成果などを公開しています。

 

伝統医薬データベース

本邦で用いられている生薬の学術情報や本草学的情報、漢方薬の構成生薬や適応疾患・古典の記載・学術文献、 疾患別頻用漢方薬の漢方医学的分類、共同利用・共同研究拠点における研究成果などの基礎研究による生薬や漢方薬・生薬含有化合物の化学分析結果と生物活性試験結果を公開しています。

 

民族薬物データベース

民族薬物研究センター民族薬物資料館に保管されている世界各国の伝統医学で用いられる生薬について標本情報並びに学術情報を公開しています。

 

中国薬草古典「証類本草」データベース

中国の薬草古典「証類本草」に収載されている生薬の記載文を日本語に翻訳し、各生薬の原文画像、訳文画像、学術情報を公開しています。

 

 
見出し和漢医薬学総合研究所との共同研究に関するお問い合わせ

E-mail:
(お問い合わせの際には[at]を@に変換してください)
(必ず、氏名・所属を明記してください)