13回  富山大学 和漢医薬学総合研究所 夏期セミナー

和漢医薬学入門講座  現 代医療の中の和漢薬   (ポ スター:pdf)

日 時 : 平成20年8月6日() 午後1時  〜 8月8日() 午後2

会 場 : ()インテック 大山研修センター 富山市東黒牧140−1

国際伝統医学センター(体験実習のみ) 富山市友杉151番地

会 費 : 学生 20,000円  社会人 25,000円 (宿泊費,食費,テキスト代を含む)

富山大学の学生・院生は,宿泊費・食費・ 和漢薬談義なしの“通い参加”が可能です

       (テキスト代として3,000円)

参加申し込み受付 : 5月1日() 〜 6月30日()

下 記を明記の上,E‐mail,FAX,あるいは往復はがきにてお申し込みください

氏 名,年齢,性別,所属 (大学・学部・学年・企業名),  連絡先 (住所,E‐mail,電話,FAX)

 

連絡先 : 〒9300194 富山市杉谷2630

富山大学 和漢医薬学総合研究所 化学応用分野内 夏期セミナー事務局

E‐mail : kakisemi@inm.u-toyama.ac.jp

TEL : 076-434-7625  FAX : 076‐434‐5059

http://www.inm.u-toyama.ac.ip/kakisemi/2008/index.html

主催 : 富山大学 和漢医薬学総合研究所, 共催 : 和漢医薬学会, 後援 : 日本薬学会

 

 

1日目

 

 

開 会の辞

 

 

漢 方医薬の基礎と実務

 

 

 

・薬学6年制教育と和漢薬

−富山大学の取り 組み−

富山大学・薬・医 療薬学

赤尾光昭

 

・認知症の克服を 目指した和漢薬研究

富山大学・和漢 研・薬効解析

東田千尋

 

・漢方生薬が非ス テロイド性抗炎症剤の小腸粘膜傷害性に及ぼす影響

富山大学・和漢 研・臨床利用

渡辺志朗

 

・これからの薬用 植物栽培を考える

富山県薬用植物指 導センター

村上守一

 

・植物毒の解明と その医薬品としての規格  

富山大学・和漢 研・和漢薬製剤開発

佐竹元吉

和 漢薬談義

 

 

 

・漢方薬の渡来に ついて−栽培を主として 

鑒真和上の薬草苑に奉仕する会代表

橋本竹二郎

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目

 

 

臨 床と基礎の新しい展開

 

 

 

・バイオマーカー による漢方診断・治療の客観化

富山大学・和漢 研・病態生化学

櫻井宏明

 

・現代医療におけ る補剤の有用性について

富山大学・和漢 研・漢方診断学

柴原直利

 

・消化管疾患にお ける漢方薬治療の位置付け

富山大学・和漢 研・消化管生理学

門脇 真

 

・和漢薬の調剤業 務と情報提供

富山大学・附属病 院・薬剤部

足立伊佐雄

体 験実習

 

 

 

・和漢薬鑑定に挑 戦

富山大学・和漢 研・生薬資源科学

小松かつ子

 

・桂枝茯苓丸を 作ってみよう

富山大学・和漢 研・生薬資源科学

小松かつ子

 

 

 

 

 

・「気血水」診断

富山大学・和漢 研・漢方診断学

柴原直利

 

・調身・調息・調 心・薬膳の体験

富山大学・和漢 研・末病解析応用

上馬塲和夫

 

 

 

許 鳳浩

和 漢薬談義

 

 

 

・正倉院薬物の調 査とその今日的意義

大阪大学大学院医学系研究科・医学史料 室

米田該典

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目

 

 

和 漢薬研究所ならびに分野紹介

 

 

総 括

 

 

修 了証書授与式・閉会の辞

 

 

富 山大学 民族薬物資料館および和漢医薬学総合研究所見学