第10回和漢薬研究所夏期セミナー

            和漢薬入門講座 テーマ:
「男と女の和 漢薬─性差医療を考える─」 ··········ポスター (PDF)

                    日時:平成17年8月24日 (水) 13:00から8月26日(金) 9:30
                    会場:(株)インテック大山研修センター (富山市東黒牧140-1、[電話:760-483-8111]) 富山駅から送迎有
                    会費:学生20,000円 社会人 25,000円 (会費には宿泊費、食費、テキスト代を含む)
                    対象:和漢薬に関心を持つ薬学生、医学生、社会人など
                    募集人員:60名 

                      参加申し込み方法
           E-mail、Fax、往復はがきにて事務局へ次の事項をお知らせください。
           (1)氏名(ふりがな)、(2)性別、(3)所属先、学年、
           (4)住所または連絡先、(5)電話番号、(6)E-mailアドレス

                      事務局
           〒930-0194 富山市杉谷2630
           富山医科薬科大学 和漢薬研究所 薬物代謝工学分野内
           夏期セミナー 事務局
           E-mail:kakisemi@ms.toyama-mpu.ac.jp
           Tel:076-434-7630
           Fax:076-434-5060  (Fax 用申込用紙(PDF)


                    日程
                    第1日 8月24日(水)13:25〜
                      1. 漢方医薬基礎講義. 
                    谿 忠人(和漢薬研 生薬製剤開発)
                      2. 女性医療における漢方の役割について
                    渡 邉 賀子(慶応大・医 東洋医学)
                     3. 和漢薬と性差医療 
                    柴 原直利(和漢薬研 漢方診断学)
                     4. Gender-specific Medicineからみた漢方医療 
                    斎 藤 滋(富山医薬大・医産婦人科)
                     5. 和漢薬談義 (1) 
                    寺 澤捷年(千葉大大学院、和漢薬研)
                        終了後、自由討論、懇親会

                    第2日 8月25日(木)9:00〜
                     6. 乳癌リスクと植物エストロゲン 
                    服 部征雄(和漢薬研 薬物代謝工学)
                     7. 性差医療における和漢薬の必要性:女性のためのセルフメディケーション
                    高 橋京子 (阪大大学院・薬)
                     8. 肥満症臨床から学ぶ:漢方は現代日本女性の健康と美に貢献できる
                    日 置智津子 (国立病院機構京都医療センター)
                     9. 体験実習
                      (1)「気血水」診断法 柴原直利(和漢 薬研漢方診断学)
                      (2)「生薬方剤の鑑定」小松かつ子(和漢薬研 生薬資源科学)
                      (3)「桂枝茯苓丸をつくってみよう」小松かつ子(和漢薬研 生薬資源科学)
                     10. 和漢薬談義 (2) 
                    嶋 田 豊(富山医薬大・医 和漢診療学)
                          和漢薬 Q AND A、終了後、自由討論、懇親会

                    第3日 8月26日(金)
                       9:30  解散
                       (希望者は民族薬物資料館、希望の研究室訪問)



back和漢薬研究所のトップページへ