和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

イタリア食科学大学等の研究者の訪問について



イタリア食科学大学等研究者一行が本研究所を訪問

−本研究所 栄養代謝学分野 渡辺志朗准教授と共同研究へ−

平成27年11月16日(月)にイタリア食科学大学のPieroniならびにMorin両教授と、ミラノ商工会油脂研究所Bondioli責任研究員らの一行が、本研究所門脇所長を表敬訪問し、その後民族薬物資料館を見学しました。今回の訪問は、富山市、両イタリア機関ならびに当研究所との間で行われているエゴマ油に関する共同研究に対するHIDA(一般社団法人海外産業人材育成協会)の派遣支援事業により実現しました。 これをきっかけに、エゴマ油だけではなく、和漢薬を含めた天然薬物や薬膳等の広い範囲において、イタリア研究機関と本研究所との学術交流が進展することが期待されます。


img1
前列中央がPieroni教授と渡辺准教授
img2
民族薬物資料館見学の様子