和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

特別セミナー



第31回 富山大学和漢医薬学総合研究所特別セミナー
 -最先端科学と伝統医薬学から切り込む認知症の予防・治療-

開催日 : 平成22年10月22日(金)
会  場 : 富山県民会館304号室

主  催 : 和漢医薬学総合研究所(共同利用・共同研究拠点 和漢薬の科学基盤形成拠点)

連絡先 : 事務局:国立大学法人 富山大学 和漢医薬学総合研究所 複合薬物薬理学分野
          〒930-0194 富山市杉谷2630 TEL 076-434-7628
          URL http://www.inm.u-toyama.ac.jp/jp/seminar_special/10.html
          世話人:松本欣三

 

      pdf_file ポスター  

      pdf_file リーフレット・プログラム

 

プログラム

 

8:50-8:55   開会挨拶

 

セッションI. 認知症の病態解明と予防治療の最前線  

 

9:00-9:50    岩坪 威(東京大学大学院医学系研究科・神経病理学)
         アルツハイマー病:分子病態から根本治療に向けて


9:50-10:40   田中耕太郎(富山大学附属病院・神経内科)
         脳血管性認知症の病態と予防戦略


10:40-11:30  福島 哲郎 (富山化学株式会社・綜合研究所)
         アルツハイマー病治療薬としての新規神経栄養因子様低分子化合物

 

11:30−13:00 昼食

 

セッションII. 認知症治療における漢方的アプローチとEBM

13:00-13:50  柴原直利(富山大学・和漢研・漢方診断学)
         認知症の漢方随証治療


13:50-14:40  荒井 啓行 (東北大学・加齢医学研究所・老年医学、東北大学病院・老年科)
         認知症の漢方治療のEBM−漢方医学の挑戦−


14:40-15:30  東田 千尋 (富山大・和漢研・薬効解析)
         アルツハイマー病の記憶障害を治療できる漢方薬


15:30-15:50  休憩


15:50-16:40  松本 欣三 (富山大・和漢研・複合薬物薬理学)

         駆血薬を応用した認知症治療戦略とその基礎的EBM


16:40-17:30  山國 徹 (東北大学大学院・薬学研究科・薬物療法学)
         ノビレチンの抗アルツハイマー病活性を薬効基盤とする漢方薬・陳皮に
         よる認知症克服へのアプローチ