和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

特別セミナー



第32回 富山大学和漢医薬学総合研究所特別セミナー
 -和漢薬治療のターゲットとしての粘膜免疫機構-

開催日 : 平成23年12月9日(金)〜10日(土)
会  場 : 富山県民会館304号室

主  催 : 和漢医薬学総合研究所(共同利用・共同研究拠点 和漢薬の科学基盤形成拠点)

後  援 : 富山県高等教育振興財団、富山市、財団法人田村科学技術振興財団、財団法人弘済会富山支部

連絡先 : 事務局:国立大学法人 富山大学 和漢医薬学総合研究所 消化管生理学分野
          〒930-0194 富山市杉谷2630 TEL 076-434-7622
          URL http://www.inm.u-toyama.ac.jp/jp/seminar_special/11.html
          世話人:門脇 真

 

      pdf_file ポスター  

 

プログラム

                     

平成23年12月9日(金)

12:30-12:40

開会の挨拶

門脇 真

セッションI. 粘膜免疫系と疾患
12:40-13:10

久松理一 (慶應義塾大学医学部消化器内科学教室)

炎症性腸疾患の病態研究−ヒト腸管サンプルを用いたアプローチ

13:10-13:40

善本知広 (兵庫医科大学先端医学研究所アレルギー疾患研究部門)

アレルギー性鼻炎の新しい発症メカニズム:花粉−IL-33−マスト細胞/好塩基球による鼻粘膜免疫機構

13:40-14:10 Coffee Break
セッションII. 粘膜免疫系における樹状細胞の役割
14:10-14:40

手恬T之 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生体防御学分野)

T細胞非依存性IgA生産誘導における形質細胞様樹状細胞の質的優位性

14:40-15:10

福井宣規 (九州大学生体防御医学研究所免疫遺伝学分野)

樹状細胞の遊走・活性化におけるDOCKファミリー分子の役割とその制御

15:10-15:40

門脇 真 (和漢医薬学総合研究所 消化管生理学分野)

潰瘍性大腸炎病態モデルにおける形質細胞様樹状細胞の機能制御を介したコリン性抗炎症機構の役割

15:40-16:10 Coffee Break
16:10-16:40

佐藤克明 (理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター樹状細胞機能研究チーム)

経口免疫寛容の成立における腸間膜リンパ節樹状細胞の役割

16:40-17:10

岩田 誠 (徳島文理大学 香川薬学部 生体防御学講)

腸の樹状細胞によるT細胞のホーミングと分化の制御

---- レチノイン酸シグナルの役割 ----

平成23年12月10日(土)
セッションV. 創薬標的としての粘膜免疫系
9:00-9:30

長井良憲 (医学薬学研究部 免疫バイオ・創薬探索研究講座)

メタボリック症候群における自然免疫制御機構

9:30-10:00

清原寛章 (北里大学 北里生命科学研究所 和漢薬物学研究室)

補中益気湯の腸管免疫系に対する作用と作用成分

10:00-10:30 Coffee Break
10:30-11:00

小泉桂一 (和漢医薬学総合研究所 漢方診断学分野)
漢方アジュバントプロジェクト
-経口ワクチンアジュバントへの応用を目指して-

11:00-11:30

國澤 純 (東京大学医科学研究所 感染・免疫部門・炎症免疫学分野)

冬虫夏草関連化合物FTY720からの新展開

-腸管における生体防御と恒常性維持における脂質とビタミンの役割-
11:30-

閉会の挨拶

済木育夫所長 柴原直利教授

11poster
 pdf_file ポスター