和漢研概要部門・分野紹介学術交流・活動民族薬物資料館NEWS一覧
夏期セミナー特別セミナー国際伝統医薬シンポジウム年報和漢研掲示板(学内専用)

第15回 夏期セミナー 



平成22年8月23日(月)〜25日(水)

和漢薬ここがおもしろい

日 時:平成22年8月23日(月)13:00 〜25日(水)9:30/12:00(和漢研見学の場合) 
会 場:(株)インテック 大山研修センター(富山市黒牧140-1)

     JR富山駅北口発着の送迎車を用意しておりますので、ご利用ください。
会 費:学生 20,000円、社会人 25,000円(宿泊費、食費、テキスト代を含む)

 

参加申込み受付:平成22年6月7日(月)〜8月10日(火)

 下記を明記の上、fax、e-mail、郵便にてお申込みください。
 氏名(ふりがな)、年齢、性別、所属(大学・学部・学年・企業名)、連絡先(住所、e-mail、電話、fax)

      ● 個人情報は適切に管理いたします。


連絡先: 〒9300194 富山市杉谷2630
富山大学 和漢医薬学総合研究所 臨床利用分野内 夏期セミナー事務局
e-mail: kakisemi※inm.u-toyama.ac.jp (お問い合わせの際には※を@に変換してください)
TEL:076-434-7618  FAX:076-434-5057
http://www.inm.u-toyama.ac.ip/seminar_summer/2010.html


 1日目(23日)

13:00-13:10 開会の辞  
          門田 重利 (富山大・和漢研・所長)  

 

13:10-14:00 桂枝茯苓丸料加苡仁による疲労感の軽減と脳血流量、二重盲検法での検討  
          浜崎 智仁 (富山大・和漢研・臨床利用)  

14:00-14:50 アルツハイマー病を改善させる和漢薬                    
          東田 千尋 (富山大・和漢研・薬効解析部) 

14:50-15:00 休憩     

15:00-15:50 フラボノイド生合成研究とその農学及び薬学への応用       
          数馬 恒平 (富山大・和漢研・和漢薬製剤開発) 

 

15:50-16:40 漢方医学の基礎用語

          柴原 直利 (富山大・和漢研・漢方診断学)


20:00-21:00 和漢薬談義 ジェロントロジーと未病薬学 
          宮田 健 (崇城大・薬学部・未病薬学/富山大・和漢研・機能情報解析(客員))    


 2日目(24日)

08:30-09:20 和漢薬を化学の目で見ると                  
          手塚 康弘 (富山大・和漢研・化学応用)

09:20-10:10 異なる起源の動物胆;これからはどれを使うべきか?    
          渡辺 志朗 (富山大・和漢研・臨床利用)

 

10:10-10:20 休憩  

10:20-11:10 和漢薬はうつ病の救世主になりえるか
          東田 道久 (富山大・和漢研・複合薬物薬理学)

11:10-11:50 漢方アジュバントプロジェクト、ワクチン療法と漢方薬の接点を求めて
          小泉 桂一 (富山大・和漢研・病態生化学)


12:50-17:00  体験実習

   和漢薬鑑定に挑戦
          小松 かつ子 (富山大・和漢研・生薬資源科学)

   桂枝茯苓丸をつくってみよう
          伏見 裕利 (富山大・和漢研・民族薬物資料館)

   気血水診断
          柴原 直利 (富山大・和漢研・漢方診断学)

20:00-21:00 和漢薬談義 今なぜ低炭水化物食なのか?バイオックススキャンダル後の変化とは? 
          浜崎 智仁 (富山大・和漢研・臨床利用)


 3日目(25日)

08:30-09:30 終了書授与式・閉会の辞

         門田 重利 (富山大・和漢研・所長)  

09:30-12:00 和漢医薬学総合研究所見学(希望者)