病態生化学分野
分野概要 スタッフ 研究内容 研究業績 研究室員 アルバム  
           

研究業績

≪ 前年 2008年 翌年 ≫

Books and Reviews

1) Lirdprapamongkol K., Svasti J., Sakurai H., and Saiki I.:
Anticancer effects of vanillin.
Beer in Health and Disease Prevention, Vol. 1. (Eds.) Preedy V.R. and Watson R.R. Elsevier Ltd., London, 2008, pp260-270
2) 済木育夫:
300号記念特集 「漢方医学と西洋医学の融合に向けて」 私の漢方薬理研究の進め方とこだわり 〜基礎研究において証をどのように捉えるか〜
漢方医学, 32: 38, 2008
.
3) 済木育夫、小川和生:
関節リウマチ患者における桂枝茯苓丸奏効患者予測マーカーの同定.
臨床化学., 37: 196-198, 2008.
4) 済木育夫、小川和生:
特集「モレキュラー漢方」漢方医学における証とプロテオミクス.
漢方と最新治療, 17: 17-26, 2008.
5) 済木育夫:
シリーズ 「研究室から」 巡り会いを大切に.
富薬, 第30巻3号 (224号), 18-20, 2008.
6) 近藤隆、田渕圭章、櫻井宏明:
第1章 基礎編 8.酸化ストレスと細胞内シグナル.
酸化ストレスの医学 (吉川敏一/監修) 診断と治療社, pp62-70, 東京, 2008.
7) 済木育夫、上野陽子:
第T部 転移実験モデル(転移臓器別)第1章 肺、1.マウスメラノーマの同所性(皮下)移植および経尾静脈による肺転移.
がん転移研究の実験手法 日本がん転移学会/編(編集責任:済木育夫、愛甲孝) 金芳堂, pp3-7, 京都, 2008.
8)  澤田成朗、塚田一博、済木育夫:
第T部 転移実験モデル(転移臓器別)第2章 肝、3.マウス肝癌の同所性移植による肝内転移モデル.
がん転移研究の実験手法 日本がん転移学会/編(編集責任:済木育夫、愛甲孝) 金芳堂, pp29-33, 京都, 2008.
9) 土岐善紀、済木育夫:
第T部 転移実験モデル(転移臓器別)第3章 リンパ節、3.肝癌細胞の同所性移植による縱隔リンパ節転移モデル.
がん転移研究の実験手法 日本がん転移学会/編(編集責任:済木育夫、愛甲孝) 金芳堂, pp46-51, 京都, 2008.
10) 櫻井宏明:
第U部 細胞レベルでの研究法 第3章 癌細胞の浸潤能の測定法(ケモインベーション、ハプトインベーション).
がん転移研究の実験手法 日本がん転移学会/編(編集責任:済木育夫、愛甲孝) 金芳堂, pp190-194, 京都, 2008.
11) 小泉桂一、松尾光浩:
第U部 細胞レベルでの研究法 第1章 血管内皮への影響、リンパ管内皮細胞株の樹立とその研究方法.
がん転移研究の実験手法 日本がん転移学会/編(編集責任:済木育夫、愛甲孝) 金芳堂, pp215-220, 京都, 2008.
12) 済木育夫、柴原直利:
連載:漢方とアンチエイジング、老化による免疫低下と漢方.
アンチエイジング医学 日本抗加齢医学会誌, 4(4): 72-77, 2008.
13) 済木育夫:
特集「漢方医学」漢方医学における「証」の解明をめざして ~エビデンスによる効果の客観化~、10月号マンスリーレポート
中国総合研究センターメールマガジン 独立行政法人科学技術振興機構 (JST), 第25号, 2008.

Original Papers

1) Matsumoto C., Kojima T., Ogawa K., Kamegai S., Oyama T., Shibagaki Y., Kawasaki T., Fujinaga H., Takahashi K., Hikiami H., Goto H., Kiga C., Koizumi K., Sakurai H., Muramoto H., Shimada Y., Yamamoto M., Terasawa K., Takeda S., and Saiki I.:
A proteomic approach for the diagnosis of "Oketsu" (blood stasis), a pathophysiological concept of Japanese traditional (Kampo) medicine.

Evid. Based Complement. Alternat. Med., 5(4): 463-74, 2008. [Abstract]
2) Choo M.K. Sakurai H., Kim D.H., and Saiki I.:
A ginseng saponin metabolite suppresses tumor necrosis factor-α-promoted metastasis by suppressing nuclear factor-κB signaling in murine colon cancer cells.

Oncol. Rep., 19: 595-600, 2008.
[Abstract]
3) Akashi T., Koizumi K., Tsuneyama K., Saiki I., Takano Y. and Fuse H.:
Chemokine receptor CXCR4 expression and prognosis in patients with metastatic prostate cancer.

Cancer Sci., 99: 539-542, 2008. [Abstract]
4) Ueno Y., Sakurai H., Tsunoda S., Matsuo M., Choo M.K., Koizumi K., and Saiki I.:
Heregulin-induced activation of ErbB3 by EGFR tyrosine kinase activity promotes tumor growth and metastasis in melanoma cells.
Int. J. Cancer, 123: 340-347, 2008. [Abstract]
5) Chino A., Sekiya N., Ohno K., Hirasaki Y., Hayashi K., Kasahara Y., Kita T., Hiyama Y., Namiki T., Saiki I., and Terasawa K.:
Clinical application of juzentaihoto for skin diseases and its possible mechanism. (in Japanese)
Kampo Medicine, 59:63-71, 2008.
6) Hashimoto I., Koizumi K., Tatematsu M., Minami T., Cho S., Takeno N., Nakashima A., Sakurai H., Saito S., Tsukada K., and Saiki I.:
Blocking on the CXCR4/mTOR signaling pathway induces the anti-metastatic properties and type II programmed cell death, autophagic cell death in peritoneal disseminated gastric cancer cells.
Eur. J. Cancer, 44: 1022-1029, 2008. [Abstract]
7) Andoh T, Sugiyama K, Fujita M, Iida Y, Nojima H, Saiki I, and Kuraishi Y.:
Pharmacological evaluation of morphine and non-opioid analgesic adjuvants in a mouse model of skin cancer pain.
Biol. Pharm. Bull., 31: 520-522, 2008. [Abstract]
8) Fujita M., Andoh T., Saiki I., and Kuraishi Y.:
Involvement of endothelin and ET
A endothelin receptor in mechanical allodynia in mice given orthotopic melanoma inoculation.
J. Pharmacol. Sci., 106: 257-263, 2008. [Abstract]
9) Kamiyama H., Usui T., Sakurai H., Shoji M., Hayashi Y., Kakeya H., and Osada H.:
Epoxyquinol B, a naturally occurring pentaketide dimer, inhibits NF-κB signaling by crosslinking TAK1.
Biosci. Biotechnol. Biochem., 72: 1894-1900, 2008. [Abstract]
10) Kiga C., Sakurai H., Goto H., Hayashi K., Shimada Y., and Saiki I.:
Proteomic identification of haptoglobin as a stroke plasma biomarker in spontaneously hypertensive stroke- prone rats.
Life Sci., 83: 625-631, 2008. [Abstract]
11) Kiga C., Goto H., Sakurai H., Hayashi K., Hikiami H., Shimada Y., and Saiki I.:
Effects of traditional Japanese medicines (orengedokuto, goreisan and shichimotsukokato) on the onset of stroke and expression patterns of plasma proteins in spontaneously hypertensive stroke-prone rats.
J. Trad. Med., 25: 125-132, 2008.

ページトップへ戻る

 
トップページ 和漢薬とがん研究の接点を求めて
富山大学和漢医薬学総合研究所 病態生化学分野
〒 930-0194 富山市杉谷2630
TEL 076-434-7620

薬学部生・大学院生募集
English
トップページ 富山大学 和漢研