富山大学和漢医薬学総合研究所 資源開発研究部門 生薬資源科学分野 English
  分野概要 スタッフ メンバー 研究業績 薬用資源調査 アルバム リンク  
                             

スタッフ

小松かつ子教授 小松かつ子
薬学博士 Ph. D.
富山大学 和漢医薬学総合研究所
資源開発研究部門 生薬資源科学分野 教授
〒930-0194 富山市杉谷2630
TEL: 076-434-7601
FAX: 076-434-5064

研究分野

生薬学・薬用植物学、比較民族薬物学

研究テーマ

  1. 生薬・薬用植物の遺伝的、成分化学的、薬理学的多様性に関する研究
  2. 生薬の品質評価と標準化に関する研究
  3. アジアの伝統薬物の調査研究
  4. 民族薬物及び証類本草のデータベース化

主要論文

1) Zhu S, Sugiyama R, Batkhuu J, Sanchir C, Zou K, Komatsu K (2009). Survey of Glycyrrhizae Radix resources in Mongolia: chemical assessment of the underground part of Glycyrrhiza uralensis and comparison with Chinese Glycyrrhizea Radix. J Nat Med, 63, 137-146.
2) Zhu S, Fushimi H, Komatsu K (2008). Development of a DNA microarray for authentication of ginseng drugs based on 18S rRNA gene sequence. J Agric Food Chem 56, 3953-3959.
3) Komatsu K, Nagayama Y, Tanaka K, Ling Y, Cai SQ, Omote T, Meselhy MR (2006). Comparative study of chemical constituents of rhubarb from different origins. Chem Pharm Bull 54, 1491-1499.
4) Tohda C, Tamura T, Matsuyama S, Komatsu K (2006). Promotion of axonal maturation and prevention of memory loss in mice by extracts of Astragalus mongholicus. Br J Pharmacol 149, 532-541.
5) Kuboyama T, Tohda C, Komatsu K (2006). Withanoside IV and its active metabolite, sominone, attenuate Aβ(25-35)-induced neurodegeneration. Eur J Neurosci 23, 1417-1426.
6) Komatsu K, Tohda C, Zhu S (2005). Ginseng drugs - Molecular and Chemical Characteristics and Possibility as Antidementia Drugs. Current Topics in Nutraceutical Research 3, 47-64.
7) Yang DY, Hushimi H, Cai SQ, Komatsu K (2004). Molecular Analysis of Rheum Species Used as Rhei Rhizoma Based on Chloroplast matK Gene Sequence and Its Application for Identification. Biol Pharm Bull 27, 375-383.
8) Zhu S, Zou K, Fushimi H, Cai SQ, Komatsu K (2004). Comparative Study on Triterpene Saponins of Ginseng Drugs. Planta Med 70, 666-677.
9) Zhu S, Fushimi H, Cai SQ, Komatsu K (2003). Phylogenetic Relationship in Genus Panax: Inferred from Chloroplast trnK Gene and Nuclear 18S rRNA Gene Sequences. Planta Med 69, 647-653.
10) Sasaki Y, Goto H, Tohda C, Hatanaka F, Shibahara N, Shimada Y, Terasawa K, Komatsu K (2003). Effects of Curcuma Drugs on Vasomotion in Isolated Rat Aorta. Biol Pharm Bull 26, 1135-1143.
11) Sasaki Y, Fushimi H, Cao H, Cai SQ, Komatsu K (2002). Sequence Analysis of Chinese and Japanese Curcuma Drugs on the 18S rRNA Gene and trnK Gene and the Application of Amplification-Refractory Mutation System Analysis for Their Authentication. Biol Pharm Bull 25, 1593-1599.

略歴

1979年3月 富山大学薬学部薬学科 卒業
1983年3月 富山医科薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程(医療薬科学専攻) 修了
1986年3月 富山医科薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程(医療薬科学専攻 修了
学位(薬学博士) 取得
1986年4月〜6月 中華人民共和国南京薬学院(現中国薬科大学) 客員研究員
1988年8月 富山医科薬科大学和漢薬研究所資源開発部門 文部技官
1990年7月 同大学和漢薬研究所資源開発部門 助手
1996年5月 同大学和漢薬研究所附属薬効解析センター 助教授
1996年5月〜1998年3月 同センター長を併任
2002年5月〜2005年7月 同センター長を併任
2004年11月 同大学和漢薬研究所資源開発研究部門生薬資源科学分野 教授
2005年10月 富山大学和漢医薬学総合研究所資源開発研究部門生薬資源科学分野 教授
同研究所附属民族薬物研究センター民族薬物資料館 館長

受賞歴

2000年9月 日本生薬学会学術奨励賞

学会活動

  • 日本生薬学会 (関西支部会計2004年度〜2005年度、関西支部委員2006年4月〜)
  • 和漢医薬学会 (評議員1998年4月〜、編集委員2002年2月〜、理事2006年4月〜)
  • 日本アーユルヴェーダ学会 (理事1996年4月〜)
  • 日本薬学会
  • 日本植物分類学会
  • 日本東洋医学会

社会的活動

  • 富山県森林審議会委員 (富山県) 1998年12月〜2008年11月
  • 富山県薬事審議会委員 (富山県) 2004年12月〜
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師講座講師 ((財)日本薬剤師研究センター) 2000〜2003年度
  • モンゴル国有用 (薬用) 植物目録作成に係わる技術指導 (国際協力事業団) 2001年〜2002年
  • 薬事・食品衛生審議会臨時委員 (厚生労働省医薬局) 2002年8月〜2004年4月
  • 日本薬局方調査会調査員 (薬事・食品衛生審議会薬事分科会) 2003年1月〜2004年4月
  • 日本薬局方原案審議委員会生薬等 (B) 委員会委員 2004年5月〜
  • 生物多様性条約に基づく遺伝資源へのアクセス推進事業委員会委員 ((財)バイオインダストリー協会) 2002年8月〜2005年3月; 同委員会学識経験者タスクフォース委員 2004年4月〜2005年3月
  • 城址公園歴史・文化ゾーン検討委員会委員 2007年4月〜2008年3月
  • 平成20年度富山県 〔立山博物館〕 特別企画展 「薬草と加賀藩−立山から百味箪笥への道を探る−」 企画展委員 2008年4月〜11月
  • 農業資材審議会専門委員 2009年4月〜

海外学術調査歴

中華人民共和国、モンゴル国、タイ国、ベトナム、インドネシア、インド、ネパールなど、計38回

研究助成金

© Shoyaku Shigen Kagaku Bun'ya

富山大学和漢医薬学総合研究所 資源開発研究部門 生薬資源科学分野
〒930-0194 富山県富山市杉谷 2630
TEL: 076-434-7601 / FAX: 076-434-5064
和漢医薬学総合研究所
富山大学