富山大学和漢医薬学総合研究所改修に伴う
教育研究基盤整備のための寄附のお願い

和漢医薬学総合研究所は、1963年(昭和38年)4月の旧富山大学薬学部附属和漢薬研究施設設置に始まり、同大学附置和漢薬研究所(1974年/昭和49年)、さらに富山医科薬科大学附置和漢薬研究所(1978年/昭和53年)を経て、2005年(平成17年)10月に現在の富山大学和漢医薬学総合研究所となり、2023年には設立から60周年の節目を迎えます。

和漢医薬学総合研究所は、伝統医学や伝統薬物を、先端科学技術を駆使して科学的に研究し、東洋医薬学と西洋医薬学との融合による新しい医薬学体系の構築と全人的医療の確立に貢献することを使命として、教育研究を推進しています。

一方、当研究所の研究棟の施設設備は富山医科薬科大学の開学時のまま深刻な老朽化が進んでおり、近年の教育研究環境の悪化は非常に厳しい状況でした。幸いにも令和4年度実施の国立大学法人施設整備事業に採択され、研究棟の機能改修工事を行うこととなりました。

当研究所はこの機能改修工事に伴い、次世代を見据えた教育研究環境を整備することを目指しています。具体的には研究棟全体の教育研究スペースの共有化と効果的な再配分を行い、ボーダレスな融合型の先端研究を推進しうる体制を整えて、世界の伝統医薬学をリードする共創拠点として更なる機能強化を図ることを目指します。

これらの目標・目的を達成するため、当研究所の教育・研究環境整備へのご寄附を広く関係各位ならびに関連機関・企業の方々に賜りたくお願い申し上げる次第です。

さらなる伝統医薬学の国際研究拠点としての前進を目指す和漢医薬学総合研究所にお力添えを頂きますように衷心よりお願いを申し上げます。

 

富山大学和漢医薬学総合研究所長  早 川 芳 弘

 

寄附の目的

和漢医薬学総合研究所の施設機能改修に伴う、教育研究に資するための施設整備、教育・研究環境の充実を図ることなどを目的とします。

・和漢医薬学総合研究所の施設整備の充実

・和漢医薬学総合研究所の教育・研究環境の整備

寄附金額

(個人)1口 5千円、 (団体)1口  5万円

可能であれば、2口 以上のご寄附をお願いいたします。

寄附者特典

ご寄附いただいた金額により、心ばかりの謝意をご用意しています。

ご寄附いただいた全ての皆様への謝意

当研究所よりお礼状と和漢医薬学総合研究所グッズをお送りします。

一定金額以上ご寄附いただいた方々への謝意

一定金額以上ご寄附いただいた方には、次のとおり、研究所内にご芳名(団体名)を掲示させていただきます。

(個人)  2万円以上 ご芳名の掲示(小)、  10万円以上 ご芳名の掲示(大)

(団体) 10万円以上 団体名の掲示(小)、  50万円以上 団体名の掲示(大)、  100万円以上 団体名の掲示(室名の掲示)

 

募集期間

令和4年11月より令和5年3月 

寄附の方法

Step1 寄附方法のご選択

寄附の方法を下記のいずれかよりご選択ください。

(1).インターネットから寄附する

(2).銀行・ゆうちょ銀行から寄附する

 

Step2 寄附金のご入金

寄附金のご入金をお願いいたします。

ご寄附は何回でも可能です。ご寄附について、寄附者様ごとに累計して管理いたします。

 

Step3 寄附のご確認

寄附金の入金を確認させていただいた後、本学が発行する「寄附金受領証明書」をお送りいたします。

税制上の優遇措置

富山大学への寄附金については、税制上の優遇措置が受けられます。
本学が発行する「寄附金受領証明書」を添えて、確定申告により手続きをお取りください。
なお、「寄附金受領証明書」は、寄附金の入金を確認させていただいた後にお送りいたします。

個人からのご寄附に対する措置

寄附金額が2千円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。ただし、寄附金の額が総所得額の40%を上回る場合は、40%が限度となります。(所得税法第78条第2項第2号)

さらに、寄附された翌年の1月1日に富山県内にお住まいの方は、県民税及び市町村民税の寄附金税額控除を受けることができます。2千円を超え総所得額の30%までの寄附金額に対し、県民税は4%、市町村民税6%を乗じた額が控除されます。(富山県税条例、県内市町村税条例)
富山県以外にお住まいの方は、それぞれお住まいの都道府県及び市町村により取扱いが異なりますので、お問合せ願います。

個人住民税の減税額

法人等からのご寄附に対する措置

寄附金の全額を損金算入することができます。(法人税法第37条第3項第2号)

事業報告

寄附事業後、寄附者のお名前や設備整備状況を掲載予定です。

お問い合わせ先

〒930-0194 富山県富山市杉谷2630

富山大学和漢医薬学総合研究所事務担当

電話: 076-434-7684

FAX: 076-434-4656

メール:kyoten@inm.u-toyama.ac.jp