教員紹介

小松 かつ子 教授

KOMATSU Katsuko

所属研究開発部門・資源開発分野・資源科学領域(生薬資源科学)

専門分野天然医薬資源学、生薬学

学位博士(薬学)

略歴 富山大学 研究者総覧

出身大学・大学院

1979年3月 富山大学薬学部薬学科 卒業
1986年3月 富山医科薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程(医療薬科学専攻) 修了
1986年3月 富山医科薬科大学 薬学博士 取得

職務経歴

1990年7月 富山医科薬科大学和漢薬研究所資源開発部門 助手
1996年5月 富山医科薬科大学和漢薬研究所附属薬効解析センター 助教授
2004年11月 富山医科薬科大学和漢薬研究所資源開発研究部門生薬資源科学分野 教授
2005年10月 富山大学和漢医薬学総合研究所資源開発研究部門生薬資源科学分野 教授

研究テーマ

部門

分野

領域

プロジェクト

研究の概要

地球環境や社会状況の変化に伴い、天然薬用資源の枯渇が危惧されています。持続可能な環境をつくるポイントは多様性を認めることであるとされますが、医薬品となる生薬は安全性と有効性を担保することが大前提です。そこで、生薬の多様性を認める範囲を限定しながら生薬の標準化を図ることにより生薬及び漢方薬の効能効果を担保すると同時に、生薬を永続的に利用する方法を見出す目的で、下記のテーマに取り組んでいます。

1.アジアにおける生薬資源の調査と薬用植物の多様性の解析
2.国内での薬用植物の栽培拡充を志向した研究
3.遺伝子多型及び成分組成に基づく生薬の標準化
4.伝統薬に関するデータベースの拡充

研究への想い

生薬は天然由来で多成分からなり、その品質は流動的です。これを如何に安定化させ、本来の薬効を示すものに収束させるのかを課題にして研究を進めています。その手段の一つが遺伝子多型の解析であり、これをインデックスにして生薬及び薬用植物を整理すると、多くの発見があります。また、生薬の永続的利用を図る最良の手段は薬用植物の栽培化であるので、医薬品や保健機能食品への出口を模索しながらブランド生薬の開発に努めています。

論文

Batsukh Z., Toume K., Javzan B., Kazuma K., Cai S. Q., Hayashi S., Kawahara N., Maruyama T., Komatsu K.: Metabolomic profiling of Saposhnikoviae Radix from Mongolia by LC-IT-TOF- MS/MS and multivariate statistical analysis. J. Nat. Med., 74: 170–188, 2020.
Doi: 10.1007/s11418-019-01361-0

Ge Y. W., Zhu S., Yoshimatsu K., Komatsu K.: MS/MS similarity networking accelerated target profiling of triterpene saponins in Eleutherococcus senticosus leaves. Food Chem., 227: 444-452, 2017.
Doi: 10.1016/j.foodchem.2017.01.119.

Kita T., Komatsu K., Zhu S., Iida O., Sugimura K., Kawahara N., Taguchi H., Masamura N., Cai S. Q.: Development of intron length polymorphism markers in genes encoding diketide-CoA synthase and curcumin synthase for discriminating Curcuma species. Food Chem., 194: 1329-1336, 2016.
Doi: 10.1016/j.foodchem.2015.08034.

Shi Y. H., Zhu S., Toume K., Wang Z., Batkhuu J., Komatsu K.: Characterization and quantification of monoterpenoids in different types of peony root and the related Paeonia species by liquid chromatography coupled with ion trap and time-of-flight mass spectrometry. J. Pharm. Biomed. Anal., 129: 581-592, 2016.
Doi: 10.1016/j.jpba.2016.07.031

Zhu S., Yu X. L., Wu Y. Q., Shiraishi F., Kawahara N., Komatsu K.: Genetic and chemical characterization of white and red peony root derived from Paeonia lactiflora. J. Nat. Med., 69: 35-45, 2015.
Doi: 10.1007/s11418-014-0857-5

キーワード

伝統薬物、資源調査、品質評価、遺伝子多型、薬用植物栽培、サステイナビリティー