富山大学 和漢医薬学総合研究所


神経機能学分野について

 神経機能学分野は、2017年4月より、東田千尋が教授を務めています。

 2010年に当分野が立ち上げられて以来、一貫して、神経変性疾患や老年性疾患の克服を目指した研究を実施しています。難治知性疾患に対する画期的な治療薬を見出すことと、病態を制御する因子の解明を目標に、薬理学、神経科学、和漢薬学などの多面的に取り組み、以下の2項目を旗印に、基礎研究から臨床研究まで、幅広い視点で研究を進めています。


  @和漢薬研究による「Unmet medical needsを克服する新しい治療薬の開発」を加速させ、 成果をヒトに届ける

  A和漢薬研究による、新しい生理機能の発見および新しいカテゴリーの治療薬の提示

 

 神経機能学分野の前身は、1996年5月に設置された「富山医科薬科大学・和漢薬研究所・附属薬効解析センター」です。生薬学的研究と神経薬理学的研究を連携して推進させながら、民族薬物資料館の管理および民族薬物データベースの構築を実施しました。1998年−2004年の間は、薬効解析センター内に外国人客員教授・助教授が配置され、総勢11名の外国人研究者が研究と業務に精力的に携わりました。2005年4月からは「富山大学・和漢医薬学総合研究所」内の“生薬資源科学分野”、”薬効解析部”、”民族薬物資料館”となり、それぞれの目的を深める研究体制となりました。2012年4月より、研究所の組織再編に伴い、研究部・病態制御部門の中の「神経機能学分野」と研究室名を変更し、研究目標を見据えた活動を進めています。

 

                             神経機能学分野
                              教授 東田千尋

 

    未踏の領野に挑む、知の開拓者たち

最近の主要論文でわかる当分野の研究

東田 千尋教授の論文:Nutrients
久保山 友晴助教
の論文:Scientific Reports

楊 志友(博士課程4年)の論文:Frontiers in Pharmacology

執行 美智子(博士後期課程3年)の論文:Scientifc Reports, Scientific Reports

久保山 友晴助教の論文:Neurobiology of Aging

東田 千尋PIの論文:Scientifc Reports

東田 千尋PIの論文:Scientifc Reports

勅使川原ポスドクの論文:British Journal of Pharmacology

 

  • 富山大学公式チャネル Tom's TV「和漢医薬学総合研究所_和漢健康づくりプラットフォーム」

  •