教員紹介

小泉 桂一 教授

KOIZUMI Keiichi

所属研究開発部門・未病分野(未病創薬) / 産官学連携部門

専門分野和漢医薬学、生物製剤学、未病学

学位博士(薬学)

略歴 富山大学 研究者総覧

出身大学・大学院

1995年3月 昭和薬科大学 薬学部 生物薬学科 卒業
1997年3月 昭和薬科大学 大学院薬学研究科博士課程前期 修了
2000年3月 大阪大学 大学院薬学研究科博士課程後期 修了

職務経歴

2000年8月 米国国立衛生研究所(NHLBI/NIH)博士研究員
2001年4月 富山医科薬科大学和漢薬研究所・助手に赴任
2010年10月 富山大学和漢医薬学総合研究所・准教授
2020年12月 富山大学和漢医薬学総合研究所・教授

研究テーマ

部門

分野

領域

研究の概要

最良の薬は、疾病前状態、日本の伝統医薬で言う未病を治療する薬です。これは、中国最古医学書である黄帝内経に述べられています。最近、抗体薬や分子標的薬など、非常に効果的だが高価な医薬品が多く開発され、これらの薬は私たちの健康と福祉に貢献しています。しかし、これら高価な薬による治療費の負担増大は、医療経済の破綻を招くことは明らかです。したがって、私の研究の目標は、主に薬剤学、免疫学、薬理学、および和漢医薬学を含む研究技術を駆使して、(1)未病の生物学的メカニズムを明らかにし、(2)未病をターゲットとする新しい先制医療薬を開発することです。

研究への想い

黄帝内経から2000年が経過しました。いよいよ、未病医薬品の開発を開始する時です!この開発により、新しい医学および薬学につながる扉が開かれます。私は、新しい医学薬学が成功するためには、漢方薬と食品科学の融合が重要な役割を担うと強く信じています。

論文

Koizumi K*., Oku M., Hayashi S., Inujima A., Shibahara N., Chen L., Igarashi Y., Tobe K., Saito S., Kadowaki M., Aihara K.: Identifying pre-disease signals before metabolic syndrome in mice by dynamical network biomarkers. Sci Rep., 24:8767, 2019.

Matsuo K., Koizumi K.*, Fujita M., Morikawa T., Jo M., Shibahara N., Saiki I., Yoshie O., Nakayama T.: Efficient Use of a Crude Drug/Herb Library Reveals Ephedra Herb As a Specific Antagonist for TH2-Specific Chemokine Receptors CCR3, CCR4, and CCR8. Front Cell Dev Biol., 7:54, 2016.

Koizumi K*., Saitoh, Y., Minami T., Tsuneyama K., Miyahara T., Nakayama T., Sakurai H., Takano Y., Nishimura M., Imai T., Yoshie O., Saiki I.: Role of CX3CL1/fractalkine in osteoclast differentiation and bone resorption. J. Immunol., 183: 7825-7831, 2009.

Hojo S., Koizumi K*., Tsuneyama K., Arita Y., Cui Z., Shinohara K., Minami T., Hashimoto I., Nakayama T., Sakurai H., Takano Y., Yoshie O., Tsukada K., Saiki I.: High level expression of chemokine CXCL16 by tumor cells correlated with a good prognosis and increased tumor-infiltrating lymphocytes in colorectal cancer. Cancer Res., 67: 4725-4731, 2007.

Koizumi K*., Hojo S., Akashi T., Yasumoto K., Saiki I.:Chemokine receptors in cancer metastasis and cancer cell-derived chemokines in host immune response. Cancer Sci., 98:1652-1658, 2007.

キーワード

未病、ナノソーム、BiND、漢方薬、製剤