特別セミナー

特別セミナー

過去の開催

年/月 副題 備考
40 2019/11 漢方教育と漢方方剤研究
39 2018/10 数理科学・情報科学と生命科学の融合による未病創薬・未病医療への展開
38 2017/11 天然資源の活用を目指した研究最前線 第15回国際伝統医薬シンポジウムと合同開催
37 2016/12 こころの発達と障害:その理解と予防治療に向けた研究最前線
36 2015/11 最新がん免疫療法と和漢薬の可能性
35 2014/10 伝統薬物のサステイナビリティと創薬への展開 第14回国際伝統医薬シンポジウムと合同開催
34 2013/11 天然薬物の成分研究最前線
33 2012/11 臨床の視点からみた生薬・漢方方剤研究
32 2011/12 和漢薬治療のターゲットとしての粘膜免疫機構
31 2010/10 最先端科学と伝統医薬学から切り込む認知症の予防・治療
30 2009/10 和漢薬とインフォマティクス
29 2008/12 現代疾患と和漢薬の架け橋 富山大学・岐阜薬科大学学術交流セミナーと合同開催
28 2007/12 天然薬物資源の新しいアプローチ —プラントミメティックスを中心に—
27 2006/10 食品と薬のはざま —変貌する食と健康への影響—
26 2005/07 和漢薬と消化管 —消化管常在菌の役割および消化管疾患をめぐる最新の話題—
25 2004/10 和漢薬の薬理学的実証性と研究の新展開 —個の医療の創生をめざして—
24 2003/10 21世紀の和漢薬・創薬資源を考える
23 2002/10 長寿と和漢薬
22 2001/10 漢方医薬学の教育、天然薬物代謝と相互作用、未病思想の意義と応用
21 2000/12 東洋医薬学の基礎と臨床
20 1999/11 痴呆
19 1998/12 21世紀に向けた和漢薬研究 & ストレスと和漢薬
18 1998/03 和漢薬とその遺伝子資源の確保
17 1997/03 和漢薬と骨粗鬆症
16 1996/03 伝統医薬学研究の基礎から応用へ
15 1995/03 癌と和漢薬
14 1994/03 痛みと和漢薬
13 1993/03 和漢薬と消化管
12 1992/03 和漢薬は老年期痴呆にどこまで迫れるか
11 1991/03 腎疾患と和漢薬
10 1990/03 老化と脳
9 1989/03 和漢薬資源とバイオテクノロジー
8 1988/03 免疫機能と和漢薬
7 1987/03 高次脳機能研究の最近の進歩 —老人痴呆の和漢薬による予防と治療をめざして—
6 1986/03 活性酸素とその関連疾患 —和漢薬治療の新しい展開を求めて—
5 1985/03 伝統医療と諸民族の生活の新しい展開を求めて
4 1984/03 難治疾患への新しいアプローチ
3 1983/03 プロスタグランジンと生体制御 —和漢薬の新しい展開を求めてII—
2 1982/03 老化研究の現状と将来 —和漢薬の新しい展開を求めてI—
1 1981/03 慢性肝炎と和漢薬 —現状と将来—