教員紹介

柴原 直利 教授

Shibahara Naotoshi

所属和漢医薬教育研修センター

専門分野漢方医学

学位医学博士

略歴 富山大学 研究者総覧

出身大学・大学院

富山医科薬科大学医学部医学科

職務経歴

1986年4月 富山医科薬科大学和漢診療学教室入局
2001年4月 富山医科薬科大学和漢薬研究所漢方診断学部門 客員教授
2010年4月 富山大学和漢医薬学総合研究所漢方診断学分野 教授

研究テーマ

部門

分野

領域

プロジェクト

研究の概要

随証治療を継続してその有用性を伝承するとともに,随証治療による臨床データを蓄積し,大規模データベースの作成や漢方方剤の適応病態の明確化に寄与する。
1) 漢方医学的病態・臨床所見の客観化に関する研究
2) 漢方随証治療による不眠症の改善効果に関する研究
3) 中医学・漢方医学的診断の比較研究
また,臨床における問題点を基礎的研究を通して明らかにする。
1) 漢方方剤の作用機序に関する研究
2) 漢方方剤の去加方が薬理効果に与える影響に関する研究
3) 西洋薬との併用が漢方方剤の効果に与える影響に関する研究

研究への想い

臨床及び基礎研究を通して,漢方随証治療の有用性を示したいと考えている。

論文

Shibahara N., Matsuda H., Umeno K., Shimada Y., Itoh T., Terasawa K.: The responses of skin blood flow, mean arterial pressure and R-R interval induced by cold stimulation with cold wind and ice water. Journal of the Autonomic Nervous System, 61:109-115, 1996.

Bando M., Shibahara N., Shimada Y., Meselhy MR., Akao T., Itoh T., Terasawa K.: Pharmacokinetic study of Paeoniflorin, Paeonimetabolin-I and Glycyrrhetic acid in humans after oral administration of Paeony Root, Glycyrrhiza and Shakuyaku-Kanzo-to. J Trad Med., 17: 26-33, 2000.

Shibahara N., Sekiya N., Sakai S., Goto H., Kita T., Shimada Y., Shintani T., Terasawa K.: Correlation between "oketsu" syndrome and autonomic nervous activity - a diachronic study in the same subjects -. J Trad Med., 19: 81-86, 2002.

Kimura M., Shibahara N., Hikiami H., Yoshida T., Jo M., Kaneko M., Nogami T., Fujimoto M., Goto H., and Shimada Y.: Traditional Japanese formula kigikenchuto accelerates healing of pressure-loading skin ulcer in rats. Evid Based Complement. Alternat. Med., 2011: 592791, 2011.

キーワード

漢方医学, 漢方方剤, 生薬, 随証治療