教員紹介

スレス アワレ 准教授

Suresh Awale

所属研究開発部門・資源開発分野・天然物創薬学領域(天然薬物開発)

専門分野天然物化学

学位博士(薬学)

略歴 富山大学 研究者総覧

出身大学・大学院

2003年 富山医科薬科大学 薬学博士

職務経歴

2004年 富山医科薬科大学和漢薬研究所 助教
2011年 富山大学生命科学フロンティア研究 テニュアトラック教員 特命教授
2015年 富山大学和漢医薬学総合研究所 准教授

研究テーマ

部門

分野

領域

プロジェクト

研究の概要

天然物から創薬に向けて
我々の分野では、研究の主な焦点として、腫瘍微小環境におけるがん細胞の栄養飢餓耐性を標的とする天然抗がん物質を探索している。がん細胞は一般的に無秩序かつ急速に増殖し、多くの場合、脆弱で無秩序に腫瘍血管が形成されるため栄養や酸素の欠如した環境に曝されることになる。特に、膵臓がんのような乏血性腫瘍においては、がん細胞はエネルギー代謝を調節することで低栄養・低酸素といった厳しい環境に対する耐性(austerity)を獲得している。従って、この栄養飢餓に対する耐性を解除する天然抗がん化合物の探索は、我々の重要な研究目標の1つである。この研究目標を達成するため、我々の分野では以下の研究課題に積極的に取り組んでいる。
1) ヒト膵臓がん細胞(例、PANC-1、MIA Paca2、KLM-1、NOR-P1、Capan-1、PSN-1など)を利用して、がん細胞の栄養飢餓耐性を標的とした(antiausterity strategy)、各地の伝統生薬(漢方生薬、アユルヴェーダ生薬など)の抗がん活性のスクリーニング。
2) 活性を指標にして最先端のクロマトグラフ及び分光分析(NMR,MS,UV,IR,CDなど)技術を活用し、成分を分離・精製ならびに同定による天然薬物資源から栄養飢餓耐性を解除する活性物質(antiausterity agent)の探索。有望な候補物質は、ヒト膵臓がんのマウスモデルを用いたin vivoでの抗腫瘍活性効果の評価を行う。
3) 活性天然化合物の構造活性相関研究ならびに栄養飢餓耐性を解除する機序の解明。
4) FT-NMRおよびFT-MS手法の活用による、活性物質(antiausterity agent)の膵臓がん細胞の代謝に対する影響の解析。

研究への想い

天然物から創薬まで:可能性は無限です

論文

"Ashraf M. Omar, Dya Fita Dibwe, Ahmed M. Tawila, Sijia Sun, Ampai Phrutivorapongkul, Suresh Awale*
Chemical Constituents of Anneslea fragrans and Their Antiausterity Activity against the PANC-1 Human Pancreatic Cancer Cell Line
J. Nat. Prod., 2019, 82, 3133-3139.
DOI: 10.1021/acs.jnatprod.9b00735 "

"Dieudonné Tshitenge Tshitenge, Torsten Bruhn, Doris Feineis, David Schmidt, Virima Mudogo, Marcel Kaiser, Reto Brun, Frank Würthner, Suresh Awale*, Gerhard Bringmann*
Ealamines A–H, a Series of Naphthylisoquinolines with the Rare 7,8′-Coupling Site, from the Congolese Liana Ancistrocladus ealaensis, Targeting Pancreatic Cancer Cells
J. Nat. Prod., 2019, 82, 3150-3164.
DOI:10.1021/acs.jnatprod.9b00755"

"Awale S.,* Dibwe D. F., Balachandran C., Fayez S. Li J., Feineis D., Lombe B.K. Bringmann G.*
Ancistrolikokine E3, a 5,8-Coupled Naphthylisoquinoline Alkaloid, Eliminates the Tolerance of Cancer Cells to Nutrition Starvation by Inhibition of the Akt/mTOR/Autophagy Signaling Pathway
J. Nat. Prod., 2018, 81, 2282-2291.
DOI: 10.1021/acs.jnatprod.8b00733"

"Sun S., Phrutivorapongkul A., Dibwe D. F., Balachandran C., Awale S.*
Chemical constituents of Thai Citrus hystrix and their antiausterity activity against the PANC-1 human pancreatic cancer cell line.
J. Nat. Prod., 2018, 81, 1877-1883.
DOI: 10.1021/acs.jnatprod.8b00405"

"Nguyen H.X.Nguyen M.T.T., Nguyen N.T., Awale S. *
Chemical Constituents of Propolis from Vietnamese Trigona minor and Their Antiausterity Activity against the PANC-1 Human Pancreatic Cancer Cell Line
J. Nat.Prod., 80, 2345-2352 (2017).
DOI: 10.1021/acs.jnatprod.7b00375"

キーワード

天然薬物創薬開発研究、核磁気共鳴(NMR) ー化合物の構造解明、栄養飢餓耐性の解除、がん研究、化学生物学、がんメタボロミクス・バイオマーカーの探索