研究領域

研究概要

本領域では、生薬資源の永続的利用を目指して、アジア産薬用植物の遺伝学的、成分化学的、薬理学的多様性の解析を行い、代替生薬の開発、生薬の特徴を把握した効率的利用の促進、及び栽培薬用植物の選択に応用する。特に高齢者疾患や予防先制医療に応用可能な薬用植物を対象とし、それらを医薬品とするための品質保証の基盤を作るとともに、当該生薬の栽培化を図り国内での生薬生産に結びつける。

研究内容

  • アジアにおける漢薬資源の調査と薬用植物の多様性の解析
  • 国内での薬用植物の栽培拡充を志向した研究
  • 植物性医薬品等の開発のための生薬の品質保証(遺伝子多型・メタボロ-ム解析)
  • ケモメトリックス的手法を活用した和漢薬複合成分のプロファイリング技術の開発
  • リバーストランスレーショナルリサーチの展開(伝統薬物の活性成分の探索と構造解析)

担当教員

NEWS